上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、仕事もないしで・・・昨日の夜おもいたって1人で「大奥」に行ってきました。

公開の翌週に行ってきているので、本日は2回目 (前回の感想はこちら→ )

2回目だし、原作も読んで、嫌というほど番宣もみているし、そういう意味ではストーリーは叩き込まれているので、「今日はとにかく水野様に集中!」と気合をいれてみておりました。(っていうか、1回目だってかなりニノ集中だったと思うんだけど 笑)

とにかく、一つ一つのニノの動き、表情をガンミ状態。
でもやっぱり泣きたくなるところは涙がでるし、柴崎さんは男前だったし、
後、以前読んだインタビューで、ご内証の方に決まった後の水野と杉下の場面の演じ方についての話を読んだことがあったので(ここ、本当にグッとくるいい場面ですよね)より、注意してみていたりと・・・、
大奥堪能いたしました。

最後の「Dear Snow」も大画面、大音響で、気持ち良かった!

と、確かに堪能はしたんですが・・・・、ちょっと今日は気になることがあって。


映画館まあ半分くらいの入りだったでしょうか。

そんなぎちぎちではないけれど、まわりにそこそこは人がいる状態。

あのね、最悪だったのが、私の後に座っていた女性3人組が最悪にうるさかったこと(怒)
映画館で、映画の最中にあんなに喋っている人、久しぶりに見た!っていう感じです。

まあね、予告編の時はいいよ。
私だって、友達と行くと予告編の時って、「これ見たいよね」とかいろいろつっこみを入れたりすることもある。
でもね、本編が始まったら、静かにしようよ。子どもじゃないんだから。
wiiパーティの個人的クイズのCM、思わず思い出しちゃったわ(笑)

聴こえるともなく、話の内容もきこえちゃうんだけど、特に嵐ファンとかニノファンではなさそう。
でも、映画ファンっていうよりもなんか久しぶりに友達と一緒にお出かけするところの選択肢が、たまたま映画だったっていう雰囲気?!(そんなことって、あるのかなあ・・、映画って普通みたくなければこないよね)

そして、本編になっても、ちょこちょ喋って(さすがに、予告編の時よりも声は落としているのけれど・・)
私も、うるさいなあとは思ったけれどとにかく水野様集中と思って、気持ちを前に向けて楽しんでいました。
でもね、松島と藤波の濡れ場のシーンあるじゃないですか・・・、あの場面に来た時
「気持ちわる~い」   ですって!!(絶句!!)


・・・・・・・・


そりゃさあ、人によっていろいろ感じ方があるものだから、どう感じようと勝手なんだけど・・・
口に出さないでほしかったわ

私は、あのシーンを含めてグロイと思ってはみていなかったし、そもそもあれを気持ち悪いといってしまったら、大奥の世界観全否定じゃない。何で、この映画みにきてたのかなあ。
まあ、予備知識なく来ることも、往々にしてあるけれど、見ている最中に声に出して言ってほしくなかった。


終わった後、帰りがけにどんな人たちだったんだろうって顔を見たら、
40代とおぼしき奥様3人連れ。
それもね、STORY路線っぽい、チョイ派手めな、キレイめ3人連れ。

でも、どんなにきれいな人でもあのマナーは・・・同世代としてどうよ!と思いました。


大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】
(2011/04/15)
二宮和也、柴咲コウ 他

商品詳細を見る









関連記事
スポンサーサイト
2010.10.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1101-f93bcda4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。