FC2ブログ
「フリーター家を買う」第2話です。



番宣みても、雑誌のニノちゃんインタビューみても、「地味なドラマです」がニノの売り文句になっていますが(笑 こんなアピールの文句があるものなのか!)でも、地味なのかもしれませんが、みながら本当にいろんな思いが湧いてくる見ごたえのあるドラマだと思います。

SODAのインタビュー(ちらっと立ち読みして買おうかどうか迷ってたんですが)でニノが、誠治は全然わからない、共感しないって言っていたけれど・・・・、みながら特に前半はそりゃそうだよね~って思う。

何で、袖はちゃんとおろしておかなきゃいけないの?、安全靴の中にズボンいれるの?・・・・、遅刻をしくることが、「今日はでなくていい、帰れ」と言われるほどのことなの?
もらえるお金のことと拘束時間ばかりは気になるけれど、自分自身が自給1700円にみあう仕事ができているの?(できていないのは、まだ新人だから仕方がないとはいえ、そのことを意識しているのか)

目の前にある仕事をきちんとやっていく。そしてやり終えた時に見えてきた景色は今までとはちょっと違っていたよね。
今回のラストは一段ステップを上がった誠治がいましたよね。

いやぁ、今日は上の子が途中から一緒にみてたんだけど、息子にちゃんと見てほしいなあって思うドラマです。

そして、「ちゃんと仕事しているじゃない」という母の言葉。
気持ちの上では、「息子達の味方よ、一番の応援団よ」と思っているけれど、いつも小言が多くって、はたして彼らにはこういう気持ちは伝わっていないよね、そして誠治とお母さんを見ていて、ちゃんと伝わるようにしていないと子どもは感じてくれないんだろうなと思ったり・・・(チョイ、反省!)

あの、隣のおばさんはいよいよ本性発揮ですね。
あんな人が近所にいたら、最悪だわ!!

お姉ちゃんも、お姑さんにもいろいろ言われ、PTAのおばさん達からはつけ込まれ・・・、
実はいろいろ苦労が絶えないのね~。

香里奈ちゃんが爽やかな役で、なんとなく2人のやりとりがほほえましく、救われます!
関連記事
スポンサーサイト



2010.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1115-348e4d28