上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「フリーター家を買う」第3話です。

本当に、丁寧に作られているドラマなので、いろいろな場面で心情に入り込んでしまうことが多くて、なんか毎回泣いちゃうんですよね。




今回、誠治(二宮和也)が本当にお母さん(浅野温子)の事を思って、ちゃんと寄り添おうとしている様子にもう泣けてきちゃって。
お隣の西本さんに(坂口良子)にいじめられていることが分かって、ふるえて「ごめんなさい」を繰り返すお母さんの手を握ってあげる誠治
お姉ちゃん(井川遥)と、お父さん(竹中直人)とお母さんの病気について話すところ。
お母さんの事を思ってどうにかしてあげたいっていう気持ちでいっぱいの子ども達に対して、あのおやじ、ホントに最悪 (>_<)
「うつ病は心の弱さだ。 そんな奴、どこへいったって、同じことだ」
本当に、病気の事を理解していないんじゃない、理解しようとしてないよね。
自分にとって都合の悪いこと、めんどくさいことに対しては素通りしたいという気持ちありあり、お金ないって一体何に使ってるのよ!!っていう感じです。

そして、お母さんのために家を買おうって決意する誠治!
お母さんの事は、自分が守るしかないって思うんですよね。
(そう思ってくれるだけで、母は嬉しいよ!)

あの近所のいじめ、最悪ですよね。
もう10年近くでしょ。
それも、あのお隣のおばさんが、ご近所全体にあることないこと言って包囲網を作っている感じだもの。
うつ病にもなりたくなるよね。
一体何がきっかけではじまったことなんだろう。
そういうことも、そのうち明らかになるかもしれませんね。

真奈美(香里奈)とは少しづつ、いい雰囲気は生まれてきているような。
ゼネコンの先輩との関係を尋ねるところとか、なんかニノのこういう感じ、ちょっと新鮮(*^_^*)
でも、何よりも、今回は「橋に対する思い」を誠治に語る場面よかったな。
お互いに、こんなこと人に言ったことはないけれどな話をしてしまう2人。
お互いにチョロッと本音が言えてしまう、そんな関係なんですよね。

哲平君(丸山隆平)がとってもストレートで、見た目も中身もチャーミングな役でかわいいなあって思ってます。

関連記事
スポンサーサイト
2010.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1128-13420d45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。