FC2ブログ
2010年に行った 美術展の総括です。

美術展には、ここのところ全く積極的に行くことがなかったんですが、ちょっと昨年特に後半はまめに見にいきました。
一昨年の秋「THE ハプスブルグ」に行って久しぶりに絵を見て、ちょっとひさびさに観たいものがないかチェックしてみようかなあっていう気になっていたこともあるんですが・・・
仲良くしていただいているブロ友さんに誘ってもらったものもあって。(私信:ありがとう!!)
観だすとまた楽しくなってきてまた行きたいなあって思うんですよね。

昨年最後に行った 「バウハウス」は何か12月バタバタしている間に感想アップしそびれてしまっていたので覚書もかねて。
バウハウスって、代表的な住宅のパターンだったり家具だったりついては、何となくシンプルで機能美追求な感じよねって思っていましたが正直そんな程度の認識でした。
これに行ってね、「バウハウス」っていう単なるデザインの問題ではなくてもっと考え方に根ざしたものなんだっていうことがよくわかりました。
展示の中に、キッチンのレイアウトを再現したものとかもあったんだけど、単にデザイン上の問題ではなくて女性を家事を労働から少しでも解放するためのデザインだったりするんですよね。
だから、第2次世界大戦直前頃のものではあるけれども、現在のいろいなもののデザインとすごく通じていて今の物と行ってもまるで違和感がない感じ
展示品も、実際に中で体感できるキッチンレイアウトや食器類、あとバウハウスにまつわる写真などの展示もあって面白かったです。


それでは、2010年に行った美術展です。(行った月日順)



● 「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」 Bunkamura  2010 7/17~8/29 (→こちら)

● 「印象派とエコール・ド・パリ ポーラ美術館コレクション展」 横浜美術館 2010 7/2~9/4 (→こちら)

● 横浜美術館常設展示  横浜美術館 (→こちら)

● 「ドガ展」 横浜美術館 2010 9/18~12/31 (→こちら)

● 「バウハウステイスト・バウハウスキッチン展」 パナソニック汐留ミュージーアム 2010 9/18~12/12
関連記事
スポンサーサイト
2011.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1323-5cc1f3c1