上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「フリーター家を買う」の有川浩さんの本です。

阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る


友達から進めてもらって、読んだんですが、面白かった。

阪急今津線っていうんですか、そこを舞台に共通の登場人物の短編の連作になってます。

出てくる女性が結構それぞれに魅力的でそこが楽しい。

孫娘をつれた時江さん
婚約中の彼を寝とられて結婚式に白のドレスアップで乗り込んだ翔子さん、
暴力的な彼と別れた女子大生のミサさん

全然お互い同志はゆきずりなんだけど、近くでいる様子をみていたり、ちょっと一言声をかけたりそんな関係性の中で、登場人物たちに違う明日が展開して行く様子が、何かほっこりもし、ちょっと元気な気持ちにもなれる。

私自身は、たぶん今津線は乗ったことがないだろうと思う(以前、梅田から宝塚に行くのに阪急をつかったことはある)
けれど、実は小学生の頃ほんの一時、西宮に住んでいたことがあったりして何となく全く見ず知らずの場所よりはすこーしだけ近くに感じて土地柄を想像しちゃうんです。

これは私の想像で、全然あたっていないかもしれないけれどこの舞台が今津線っていうところが、この登場人物の微妙な絡み具合とかお互いの距離感とにマッチしているのかなあって。
この話、東京舞台だと何かどの沿線がいいのかピンとこない気もするんですよ。
ベースにある雰囲気が、関西っぽくて、まわりに関心があって一言言うけどふみこみすぎないという距離感がなんか西宮とか神戸とか宝塚とかあのへんのイメージ(あくまでも、私の思い込みです)にすごくあっている気がしています。
(関西の方、これは東京人の勝手なイメージで、気を悪くされたらホントにごめんなさい。でも私自身は、すごくいい感じだなあ、好きだなあと思って、語っています)

そうそう、映画化されるそうなので、それも楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト
2011.02.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1349-91c9d228

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。