FC2ブログ
きのうは、DVDが10作合わせて、400万枚突破!!(おめでとうございます!)のニュースとか、今朝は3DSに新バージョンとか(そうだ!今日は木曜日。 でもメールで知ったのみで自分で確認はできてません )毎日いろいろニュースにはことかかないアラシゴトですが・・・。

ちなみに、今日は午前中オロナミンCの記者会見とか。

そして今さら感たっぷりの「H」の話です。(もう、発売して1ヶ月近くたつ?まだそこまではいっていない?)
それも、普通ならまずは「GANTZ」でしょ!というところですが・・・・・・



いやあ、GANTZの写真は、ニノのGANTZスーツ姿とまたその表情が素晴らしくって、エロくって、ドキドキもんです・・・・・
まあできれば次にGANTZをみた時にでも、内容と絡めて書けたら書きたいと思います。

そして、今日は、写真的にはエロ度限りなくゼ~ロ~なクルクル一止さんについてです。

本当に、去年の秋このクルクル一止さんをみた時はかなりの衝撃だったけど・・・(笑)・・・髪型はOK慣れましたから・・・
そしてね、この「H」撮影メイキングレポートということで、撮影時の写真もかなりのっているんですが、特に宮崎あおいちゃんと2ショットで写っている写真がいいですね。
なんか、2人で笑いあっているところとか本当に穏やかないい笑顔だし、後ろ姿であおいちゃんがナイショばなししているところ、翔くんがあおいちゃんを見つめているところ(P.56,57)すごくやわらかくてあたたかい雰囲気がにじみ出ている。きっと、こんな感じのイチさんハルさんなのねっていうのが伝わってきます。

テキストは上田智子さんですが、上田さんの撮影現場をみてのレポ、櫻井翔インタビュー、宮崎あおいインタビューの3部構成になっています。

今回この記事を書こうって思って、もう一度ちゃんと読み直しました。最初読んだ時の印象とはまた違ってきていますが・・・一番思ったのは「やっぱり翔くんもゼロからイチのタイプではなくて、提示される課題に対して100%以上でこたえていくタイプだ」って再確認したこと。

すみません、すごい唐突ですよね。
ちょっと前に ニノのMOREの一途の記事の中で、人にはゼロからイチを生み出すアーティスティックなタイプと、提示される課題に対して答えていくタイプがあるみたいな話を書いたんですが( → よろしければこちら 
まあ、嵐メンバーの中でも翔ちゃんは絶対にこっちのタイプかなって思っていたけれど、あらためてそれを感じたし、今回深沢監督がある意味細かくいろんな形の課題設定をしていかれるタイプだったのが、翔ちゃんにとってとってもチャレンジングだったんだろうなって。
何しろ提示されれば、それに対して120%で返していこうととするタイプですから。

たとえば、今回役を普段の生活にもひきずったということも、そうなるように自分であえて持って行ったのは「監督が映画以外の仕事のために、週何日かは現場を離れることを心配された」ことがきっかけとか。
「役との向き合い方というよりも、監督がそう思ってらしたからっていうのが大きいかも」「監督がそこまで考えてくれてるんだから、その分返さなきゃっていうところかもしれない」
何かこういうところがすごく翔くんらしいなあって思った。

あと、地域医療に関することについて話している部分も翔くんらしかった。
翔くん自身は、地域医療の問題点を安易に大学の医局制度を悪者にする考え方は違うかなって思っていたようで、原作者の夏川先生とお話して「そこの問題提起をする話ではない」ときいて安心した。とあったんですが・・・。
出演する作品が純粋にエンターテイメントとしてのものであれば問題はないと思うけれど、ある意味社会的にいろいろな問題点を提起する内容を含んでいる場合、自分の考え方と相反しないかどうかっていうのは、翔くんにとってやっぱり大きな問題なんだろうなあって感じました。
ZEROをずっとやっていて、社会のいろいろな物事に対する自分なりの考え方、強いてはジャーナリスティックな対し方を大切に持っていたいと思っているんだろうなと感じました。

宮崎あおいちゃんのインタビューで一番印象に残ったのは、やっぱりあおいちゃんが翔くんといかに距離を縮めていったかっていう部分かなあ。
あおいちゃんが、嵐の櫻井翔っていういろんな先入観の中から入るんではなく、いち共演者としてすごくフラットに接している姿がいいなあって。そしてどんな話題がいいか試行錯誤してくださっているところも。
あ~、やっぱり旅行とか海外ロケの話とかで盛り上がるんだなあ(笑)って思った。
そして、最後にお互いが変に気を遣わなくてもいい感じに、まるで10年来の夫婦のような感じに(笑)落ち着いているところもいいなあって思った。

何だったか忘れたけれど、前に読んだ翔くんのインタビューでも、一緒に控室で寝てたりするってあったけど。
共演者と同じ部屋にいて、お互い眠むたければ寝ちゃえるってスゴイと思うよ。それもお互いがその状態を心地よく感じられる状態って。

翔ちゃんとリアルでのパートナーになれる女性も、お互いに同じ方向を向いて、横にいるお互いの存在を思いやりながらも、たんたんとすごしていられる(たわいもない話をしたり、寝たい時は寝ちゃえたり)そんな相手がいいのかなあって思いました。

まだ、封切りまで半年以上あるのね~。
本当に、待ち遠しいなあって思っています。

そうそう、カーサブルータス発売ですね。
翔ちゃんの短期集中連載「嵐・櫻井翔のケンチクを学ぶ旅」チェックしてこなきゃ。
関連記事
スポンサーサイト



2011.02.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1360-cb1e7f64