FC2ブログ
「毎日かあさん」みてきました。

仕事終わりでまにあうかどうか心配だったんだけど、ギリで間に合いました。
(おかげで、サービス料金でみれたし、このタイミングを逃すと次にいつ行けるかわからなかったので)
なんか、直前まで連絡の電話があったりして本編ぎりぎりに滑り込んだので、なんかはじめ映画の世界に切り替えられるかなあってちょっと心配だったんですが、そんな心配は無用でした。
ほろほろ涙がとまらなくて、でも笑っちゃう場面もたくさんあって、たっぷり楽しんでこれました。


● 「毎日かあさん」
  監督 小林聖太郎
  原作 西原理恵子
  出演 小泉今日子・永瀬正敏・矢部光祐・小西舞優・庄司照枝・古田新太

公式HP


まず、ブンジとフミの子ども2人がとってもよかった。
特にブンジ、いいんだなあ。アホな男の子な感じがすごくでていて。
でも、そのブンジがお話がすすむにつれ、ちょっとだけお兄さんになっていく。
「おとしゃんに会いたい」っていう妹にそんなことお母さんにいったらだめだと、自分が何とかしようとビニールプールを持ち出して川を下って父のいる療養所に行こうとしたり、
療養所から戻ってきた父を迎え入れた母に「ケンカやめたの?長いけんかだったね」って言ったり。
最後、亡くなったカモシダを前に茫然と泣く母への兄妹が態度。子どもがいてくれるって、君たちは私の子でいてくれてありがとう!ホントにそういう気持ちになるよねっていう場面でした。

サイバラさん役の小泉今日子さんもよかったです。
もちろん、一気に減量して病気の時の役に臨んだ永瀬さんも。

サイバラさんはね、カモシダさんのこと好きだったんだなあって思う。
そして、すごく全部を引き受ける度量の広さがすごいなあ

カモシダさんは、アル中から抜け出せなくてホントにダメダメなんだけど・・・でもある意味、戦場ってそうなっちゃうくらい大変な極限の場所なんでしょうね。(それを考えると、戦場カメラマンの渡部さんはスゴイよね。精神的にタフなんだろうなあって思う。)

結構、ママ友達がいい感じででてきて、河川敷でレジャーシートひきながら、親は飲みながら喋っていて子どもはドロドロになって遊んでいて。
子どもの幼稚園くらいまでを思い出してなんか懐かしくて涙が出そうな感じだった。
親子でそんな楽しい時間をたくさん過ごしたなあって、まず最初に目が熱くなったのがその場面でしたから(笑)


関連記事
スポンサーサイト



2011.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1392-aab2e0ee