上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょうど、1週間前ミシマダブルの「わが友ヒットラー」を見に行って、翔くんと一緒に観劇!!という私的には大ヒットなのできごとがありましたが(笑 その時の記事はこちら→ )、今日もう一方の「サド侯爵夫人」の東京の千秋楽に行ってきました。
ラッキーなことにお声をかけていただいて、チケを譲っていただいてPさん、そしてご一緒させていただいたMさん本当にありがとうございました。

先週はね、すごく見ごたえのあるいいステージだったんだけど、何しろいまだかつてあんなに舞台に集中できない状態でみたことはない(爆)という状態でしたが、今日は心おきなくステージを堪能してまいりました。

● ミシマダブル「サド侯爵夫人」
  at  Bunkamuraシアターコクーン
  作  三島由紀夫
  演出 蜷川幸雄
  出演 東山紀之(ルネ) 生田斗真(アンヌ) 平幹二朗(モントルイユ夫人) 木場勝己(サン・フォン伯爵夫人) 大石継太(シミアーヌ男爵夫人) 岡田正(シャルロット)

これ、両方見ることができて本当によかったです。
っていうか、これは両方みることによって伝わるものがまたあるんだということがよくわかりました。
この2本の作品、基本セットは同じ。はじまり方も外の道路がみえる筒抜けの状態から大道具の大鏡を動かして舞台を立てていき幕がいったんしまってから、物語が始まるというオープニングも同じ。
そしてサドは登場人物が全員女性(今回はオールメールでやってますが)、ヒトラーは全員男性
そして時代の激動期を背景に(サドはフランス革命期、ヒトラーは第2次世界大戦) これまでの規範を壊していくようなある種の狂気を描いているということも同じです。
そして、私は三島由紀夫の戯曲をみるのは初めてだったんですが、2本みることで三島由紀夫の世界観を垣間見ることができたようなそんな気がしています。

この2本、何がすごいって台詞の量がハンパない。
登場人物はもうただただひたすら喋っている。
それも、会話じゃないんですよね。
長台詞をそれぞれはトウトウとしゃべる。
それも、2回の休憩をはさんで約3時間の舞台をひたすら、主要キャストの台詞で埋めていく感じ。
そういう2本を交互に上演しているわけです。
俳優さんがいかに大変であったか、想像に余りある感じです。

それにね、やっぱりただきかせるわけではない。
台詞の中身は結構理屈っぽい主張で、それぞれがちゃんと観客に届くように演じるって大変なことだろうと思います。

今回、やっぱり平さんは圧巻でした。
存在感が圧倒的。平さんの演じているモントルイユ夫人は、東山さんが演じているサド侯爵夫人ルネやその妹アンヌの母で、すべてを仕切りいわゆる世間体とか一般的社会的規範の象徴的存在なんですが、ここがもう圧倒的なえぐみのある存在感をみせていることがまずこの劇の柱なんだなあって思います。
そして、東山さんが、サド侯爵の狂気と対極の「貞淑」の象徴であるようにみえながら背筋が凍るような狂気をはらむ存在感をすごくステキに演じている。
斗真くんは、ヒトラーに比べると、全体に軽いタッチですね。ヒトラーでは誰も信じられず狂気にむしばまれていく様子を真にせまって頑張っていたけれど、こちらのアンヌはある意味現実的な日和見的な部分もある役で平さん、東山さんといい対照をなす存在に見せている。
私は、コメディを演じている斗真くんがすごく好きなんだけど、ちょっとそういうテイストが見え隠れするところが嬉しかったなあ。
そして、木場さんもとっても迫力がありました。

このお芝居、女性の役をオールメールで演じているわけですが、東山さんと斗真くんすごくきれいでしたよ。


先週は、カーテンコールも1回であっさり終わりだったんだけど、今日はさすがに楽日だけあってまずキャストの6人で2回、幕をおろした前に1人1人がでてきてのご挨拶が1回、その後演出の蜷川さんを加えてのカーテンコールが1回(この時、蜷川さんと斗真くん握手してましたよ)
そしてこれで終わりかなっていう空気が漂っていましたが、拍手がなりやまず後もう1回キャストのみでのご挨拶がありました。

本当に、これだけ大変な舞台が無事に終わり、スタッフ・キャストの皆様お疲れ様でした。
そして、面白い舞台をありがとう!っていう気持ちです。
(これから大阪があるそうですが、そちらもいい舞台になるといいですね)

昨晩の「ヒトラー」の楽には、小栗旬くん、藤原竜也くん、田中圭さん、新垣結衣さんがいらしていたようですが、今日は窪塚洋介さん、そして高岡蒼甫さん(多分そうだと思う)がいらしていました。
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1397-563f5dba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。