上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はお天気はいいけれど、寒い1日になりました。
一応暖房はつけずに頑張っていますが・・・

でも、今日はレギュラーがあることがとっても嬉しい!

以下、随分遅くなりましたが、一途についてです。



MOREの一途、2011年4月号 「深さの深度」 です。

毎月毎月、届けられるニノの言葉は、「わかる、わかる」なものもあれば「そうなんだ~」と彼の考え方にびっくりしたり、考えさせられたり、いろいろなんですが・・・。

今回はメチャメチャ頷いてしまった。

ニノが仕事について語っているところ

「仕事って楽しいかどうかでしか測れない。少なくともオレはそう思う。・・(中略)・・・いろんな人に『紅白の司会ってすごいですね』って言われたけど、よく考えてみるとどうすごいのかな。紅白はモアの連載の何倍重いの?測れないでしょ。仕事に限らず、ものごとや出来事って重さが測れないものだ~、自分が楽しいかどうかの実感で測るしかない。きちんとやることも大事だけいど、最終的には楽しいってことがすべてだよね。」


そういえば、紅白の司会についてニノがコメントする時はいつも「楽しみたい」っていうことを言ってましたよね。
私自身も、紅白っていうのはいろいろなしがらみを考えだしたらそりゃあ「スゴイ」ことだし、「大変な」ことだと思う。
でもそういうことをなるべく抜きにして、シンプルに大変なこともすべてひっくるめて楽しんでいたであろうニノの軽やかさがとっても好き。

そして「楽しいことがすべて」っていうのは、実は私自身のモットーでもある。
人生仕事でも何事でもなんだけど何を選択する時に「楽しいかどうか」が一番の価値基準
(これ、ホントにです)

子どもを作ろうとした時もそう。(私のまわりには、結婚していて子どもはいらないっていう選択肢の子もいて・・・まだ私の頃は子どもがいるっていうのは、仕事をするのにかなりリスクだった時代だから、今はそこまでそんなことはないよね)
いろいろ考えていると、何が大切なのかわからなくなってきて、「私は子どもがいる人生の方が楽しそうでやってみたい!」思ったのでそういう選択になった。(そう思って子どもができてくれてラッキーだったけれど・・、そうそうこれについては、ダンナの意見も尊重してますよ 笑)

仕事は、サラリーマンじゃないから言えることかもしれないけれど、基本どんなお仕事もスケジュールさえあえば断らない。 やってみなければどんな面白いことが待っているかわからないから。
でも、その後続いていくかどうかは、一緒に仕事をした人であったり、内容であったりが何かしら面白いと思える部分があるかどうかにかかってくるかも。(まあ、どこにも面白いと思える要素のない仕事っていうのも滅多にないけれど)
まあ、私自身は、予算の違いによってモチベーションが変わることもあまりないし(まあ、あまり面白くない仕事
の時に単価が高いから頑張るか・・っていうのはあるかも 笑)
名声を得る機会も特にないし、出世することもないから(笑) やっぱり「自分が楽しいかどうかの実感」っていうのが大きいなあ。ニノと引き比べておこがましいっていわれればそうかもしれないけれど・・・。



「腹を割って話し合うのはパフォーマンスでしかない」
「(前略)酒を飲んで腹を割って話そうって言う人もいるけど、正直、そう言われると割る気をなくす(笑)お願いされている時点で、上下関係ができちゃう気がするし。腹を割ってほしいなら割りますけど、それで何がわかるの?何かが変わるの?と思う。人間ってそうじゃない。形じゃないところで、感じ取るものじゃないかなぁ。(後略)」


ここについては、私はここまでは言いきらないよ(笑)
でもね、ニノの人間関係に対するフラットな感覚がよくでているなあって思います。
だから、ニノのまわりには年齢、性別問わずのゆるやかな輪が生まれていくんだろうなあって思う。

こういうところを読んでいると感じること・・・
もしも、嵐5人を自分の恋人とか、結婚相手とか・・・弟とか・・いろいろあてはめたりするじゃないですか。
私はニノは絶対友達、それも大親友でいてほしいって、いっつも思う。
(ひそかに、目指せ!大竹しのぶさん!!って思っている 爆)
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1416-ad69692c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。