上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨晩、オトノハ更新されています。
地震後、はじめてのオトノハです。




翔ちゃんが、どんなふうに書いてきてくれるんだろうって、思いながら開いて、

正直、最初に読んだ時、涙があふれてきて、心配で仕方なくなってしまった。

「暗い中で、あの報道を見続けていたら自分までPTSDになっちゃう、受け止めている気持ちは充分わかるから、お願い自分のいる部屋にはあかりをつけて。そして4人にそばにいてもらって!」

過保護ですよね~、自分でもそう思う。
でもやるとなると極端で自分を追い込む性質の翔ちゃんが心配で仕方なくなっちゃった。


その後何度も何度も読み直して

暖房消して部屋も暗い中で報道を見続けているのは、ここ2.3日のことなら、報道の内容も避難所の話がと原発の話が比較的多いからまあみていられるかなあとか
私自身が、余震が続く中、最初の2日ほどどの局も異様に緊迫してひたすら報道が続く中、津波やら圧倒的な自然の前になすすべがない映像を繰り返し見せられるのは精神的にかなりきつかったので、あの状況を1人で(家族がまわりにいたら、まだ話ができるけど)暗い中見続けていたとしたら、その状況を想像しただけで辛かった。
(もちろん、何を甘えた事を言っているの、もっとそれどころじゃない状況だった!!という方がたくさんいらっしゃることはもちろん承知の上です。こんなこと言っていてごめんなさい、としか言いようがない)


きっと翔くんは、追体験をすることはできないけれど、少しでも被災者の方達の気持ちに寄り添おうとしたり、計画停電で不安な状態の人の気持ちに近づこうとしている部分もあるんじゃないかとは思う。

そしてそういう状況で考え抜いた翔くんのメッセージ、先週のZEROしかり、しやがれの時のメッセージしかり今自分のいるところでやれることを精一杯やっていこうという、踏ん張って行こうっていう気持ちはすごく伝わるんじゃないかと思っています。

でも、やっぱり一言だけ、ムリしすぎないで。(過保護よね~)

地震後の初収録日、「正直、みんなの顔をみて安心した」  きっと、メンバーみんなが同じ気持ちだっただろうなあって思います。

いつもいつも気持ちが伝わるオトノハだけど、今回もあの短い中に、この1週間の翔くんの気持ちが凝縮されているオトノハでした。


おまけ、不安な時こそ5こイチ”アラシ”

嵐の5人が、この不安な時期一緒に住んでいたら・・・
ソファで膝を抱えて、ひたすら報道番組に釘付けになる翔ちゃん
その横には、智くんが並んで座ってよりそっていてくれる
潤くんは、「あったかいもの食べて元気ださなきゃ」ってみんなにおいしいスープを作ってくれて。
相葉ちゃんは、「今日、こんなことあったんだよ~」って新しい風をふきこんでくれる。
ニノはね、さりげなく「ほら明日の朝早いんだから、翔ちゃんもうテレビ消した方がいいんじゃない」とか、言いつついつも通りの毎日が送れるよう促してくれそう。

関連記事
スポンサーサイト
2011.03.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1422-1688c221

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。