上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「バーテンダー」最終回でした。
2ヶ月間、ホントに毎週癒してくれて楽しみに見ていたから終わってしまってすごく寂しい。

この春クールは何を楽しみにしたらいいのか・・・。

私、この最終回をみていて、今回被災された方、そして一番大変だから東北地方の被災された方々が話題になっているけれど、今回の震災が原因でいろんなレベルで大変な思いをしているすべての方に、アイバーテンダー(相葉ちゃんの笑顔つき)と彼の作る「XYZ」のカクテルを、言葉とともに届けられたらって思った。

「XYZ」はアルファベットの最後の3文字で究極のカクテルという意味。
でも、溜の解釈は「XYZ」は終わりなんかじゃない。

終わりがあるから人はまた新しい気持ちで前を向ける。
終わりは、始まり。
深い悲しみにくれる人にかけてあげられる言葉はありません。
本当の悲しみに同情の言葉はあまりにも無力です。
でもグラスは語ります。
あなたの苦しみは知っている、あなたの孤独はわかっている、あなたは決して1人なんかじゃないと。
積み重ねてきた思い出を胸に、あなたはまた前を向ける。その始まりのグラス「XYZ」です。


もちろん、ドラマ中では美和の気持ちを思って、その心を全力で慰めようとして作られた一杯なわけだけど、今のこの時期あまりにも、心に突きささる言葉でした。

寄り添って、一緒にいるから。
そして今までの思い出を胸に、また前を向いて歩み出すことができるから。



話を、ドラマにもどして・・・。

溜は、結局カーディナルのメインバーのチーフバーテンダーを賭けた対決に負けちゃいましたね。
溜と葛原対決は、最終的に、味や技術の対決というよりも、各人が持つ個性と、カクテルに込められたどういうバーにしたいかというコンセプトを選ぶ勝負になりました。

葛原の「トップオブカーディナル」は日本のナンバーワンから世界のナンバーワンにカーディナルがなっていくための牽引的役割を担うカクテル
そして、それはカーディナルのメインバーが、カーディナルのホテルのこれからを引っ張っていく存在になるということも意味している。

一方の溜、 そもそも事前に用意した「アメリカンビューティ」自体もそうだし、直前に美和の心を思って差し替えた「XYZ」もそうだけれど、感謝であったり癒しであったりはげましであったり訪れる人それぞれの気持ちがなごみ明日への希望がわくそんなバーを目指していると思う。

それは、両方とも「あり」なんだけど、美和が選択したのは葛原。道に迷い困難な状況を打開していくために今のこの時期のカーディナルに必要なのは、「トップオブカーディナル」に象徴されるようなメインバーだと。
そしてこれは美和自身の経営的感覚が冷静で確かだっていうことでもあると思います。

でも、美和自身については、溜のつくる「XYZ」にすごく励まされた。

私ね、あなたのグラスに「救われたの。
おじいちゃんが死んで悲しくて、もうどうにかなっちゃいそうなくらい悲しくて、でも次に自分が何をしたらいいのかわからなくて、考えられなくて、そんな自分が嫌で、けど佐々倉さんの作ったカクテルを飲んで心が決まった。
古い世界が終わることを受け止めて新しい世界を始める。
前に出る力をもらった。
私は、あのグラスに助けられたの。
私にとってあのグラスは神のグラスなの。


溜も美和のこの言葉に救われし、今回についてはこの言葉で充分よね。

そして、溜くんラパンをやめて自分のバーを開きましたね。
その名も「Bar Eden Hall」
ここは、美和さんの心のよりどころになるんだろうなあ。

しかし、このドラマが始まった当初、美和と溜でキュンキュンする場面がたくさん見られるのかなあって思ったけれど、最後まで通してみると思ったほどではなかったかも。
今回だって、よっぱらった美和が溜にもたれて泣く場面、もう少し引き寄せてあげるとかあるかと思いきや、あくまでも距離感保ちつつだったものね。

あれだけ好き好きオーラをだしているのに、応えてくれないっていうことは、いい友人ではあるけれどそれ以上の関係にはなりたいって望んでいないだって女子の側からすれば思うよね。

できれば、続編、今度は美和と溜の次のステップもそれぞれの仕事でのステップアップと合わせてみてみたいなあ。(まあ、原作読んでないんで、原作がどうなっているのかまったくもってわかりませんが)


最後につけたし。
溜くんが店を辞めさせてくださいって言った時のことを回想する三橋さん@光石研のあの何とも言えない表情がすごくよかった。
こういう表情ができる役者さんって、やっぱりさすがだなあって感じました。

このクール、ホントにバーテンダーに癒され楽しませてもらいました。
相葉ちゃん&キャストの皆様、スタッフの皆様に感謝です!




関連記事
スポンサーサイト
2011.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1443-61f10439

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。