FC2ブログ
今朝WS、全然見れてないんですが、話題2つ

まずは「神様のカルテ」のテーマ曲を盲目のピアニスト辻井伸行さんが手がけたという話題

盲目のピアニスト辻井伸行氏(22)が、映画「神様のカルテ」(深川栄洋監督、8月27日公開)のテーマ曲を手掛けたことが14日、分かった。同作は同名のベストセラー小説が原作で、主演は嵐の櫻井翔(29)、ヒロイン役が宮崎あおい(25)。辻井氏が映画のテーマ曲を手掛けるのは初めて。
 昨夏、山内章弘プロデューサーから「定番化したタイアップではなく、今までの映画では実現したことのない斬新な挑戦がしたい。本作の命の意義と生の輝きというテーマで辻井さんに行き着いた」と、作曲依頼を受けた辻井氏は、ただちに原作と脚本を点字図書で熟読した。
 そこからは独特の作曲方法だった。辻井氏は「登場人物の優しさや、人と人とのつながりの大切さに深い感銘を受けて、作曲を引き受けることにしました」と話す。いつも、自らが感じた風や自然の音などをヒントに作曲しているため、今回も昨年秋に長野・松本市のロケ現場を訪問。深川監督、櫻井と対面し、現場の雰囲気を感じ取った。すると「つかんだイメージを忘れないうちに」と、すぐに松本市内のコンサートホールで、即興のレコーディングを行った。
 テーマ曲は昨年末に完成させて、映画も試写すると「感動して、自分自身も涙が止まりませんでした。このような素晴らしい映画に作曲家として携わることができて、うれしい」と、成功を確信した。櫻井も「自分の思い描いていた主人公の栗原一止先生にぴったり表現されていて、すごいなぁと思いました」と感激している。
 テーマ曲は、映画公開前の7月27日に新アルバム「神様のカルテ~辻井伸行自作集」としてリリースされる予定。
asahi.com

その他こちらにも
スポーツ報知

きっと、映画の空気感をより引き出してくれるステキのものになるのではと思うので、今からとっても楽しみです!

そして、今日日テレ系でアフラックの新CMのメイキングの公開があったそう。
(こっちも見逃している (-_-;)
まあ、どうにか探してみたいと思っておりますが・・・・

以下に、昨日の嵐ちゃんについて、もうちょっと追加で。
あらためて、昨日の嵐ちゃん、今朝もう一度リピしてみて
5人はでてこないっていう頭に切り替えた上での感想を


ニノ仕切りがさすがで・・・(^^♪
あれだけ若っ~いゲストを迎え、全編完全に力を抜いておっさんモードでニノトークにのっかっている翔ちゃん(*^_^*) 大好きだわ~
コーヒープリンス2号店で韓流イケメンに囲まれた ショ・サクライ
「おいくつですか?」ビミョーな間のあと「29です」
私から見たら、まだまだ若くて、でも若いだけじゃないすごくいい感じのお年頃だけどね(笑)

そして、ジャンピングチャンスを与えられた翔ちゃんも含めの制服姿(咲ちゃんに、ジャンピンぐしてないってバッサリ言われていたけどね・・・笑)
翔ちゃんの学ラン
ニノはネクタイ&カーデ
もうすでに、前エントリーでも書いたけど何回でも叫ぶから・・・
VIVA 学ラン!

そして、最後の2人での反省会
占い師さんに頬をなでられながら「いつかは社長になるから」って言われた翔ちゃん。
社長を否定はしないけど、嵐のままいけるとこまで行ってほしいなあ。


アラシアター 

翔ちゃん編
山ちゃんあまりにもクサすぎる
でね、翔ちゃんの顔みてると、なんかあまりのくささにこっちが照れちゃって・・・、
その上翔ちゃん馬場園さんとの間にあまりにもビミョーな距離感とりすぎ・・・。

ニノ編
何よりも、ソファにダラッとしてツンな様子のにのみあさん、そしてピアスを見ようと住田さんの耳に手をかけて寄るにのみあさん、この部分に一番萌えたわ


VIPリムジンに関しては、私はOK、このまま楽しみにしています。(スゴイ、上からきていてスミマセン)

5人のVIPルームももちろんいけれど、2人づつで行くと10通りのコンビでできるわけじゃない。
コンビごとで醸し出される雰囲気が変わるから、これは楽しいかも。
できれば、このVTRを5人でみながら、そのロケのハプニングとか裏話やメイキング的なことも含めて喋るところがみれたら楽しいなあ。

アラシアターに関しては、完全にマリオネットに戻してほしい。
他メンの演技をみる4人の様子をみるのが結構面白かったり、芸人さんと裏で打ち合わせしている様子が実は楽しかったりしたので、そういう部分が欲しいなあ。



関連記事
スポンサーサイト



2011.04.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1482-a6963fea