上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月25日から4夜連続でBSプレミアムで放送された大野智ナビゲートの「若冲ミラクルワールド」
各1時間半×4 ナビゲート番組も45分(30分バージョンもあり)あったから、結構な時間の特集だったわけですが本当に面白くみました。

番組は
第1回 「色と光の魔術師 奇跡の黄金の秘密」 動植綵絵「老松白鳳図」など
第2回 「命のクリエイター 超細密画の謎」 動植綵絵「群鷄図」「群魚図」など
第3回 「千年先を見つめた絵師 ボーダレスJAKUCYUU」 「鳥獣花木図屏風」など
第4回 「黒の革命 水墨画の挑戦者」 「乗興舟」「芭蕉雄鷄図」「果蔬涅槃図」 など


私は、大ちゃんが好きな画家だっていうことがきっかけで、この伊藤若冲っていう画家を知ったんですが。
伊藤若冲に興味を持つきっかけを作ってくれた大ちゃんにも感謝だし、今回大ちゃんをナビゲーターに起用してくれてこんなに質の良い興味深い番組を作り上げてくれたNHKにも感謝だわ。
(伊藤若冲面白そうだなあって思っても、これだけ長い番組、大ちゃんっていうエサがないと録画も含め全部きっちりみるっていうことのモチベーションはなかなか上がらなかったと思うので)

お陰さまで、本当に若冲の画業の全体像が見渡せて、ポイントもよくわかり、ますます若冲に対して興味がわきました。

若冲に関していえば、色々な作品をみればみるほど、まずその絵から感じられる自由さ、楽しさ、気持ちがワクワクと高揚してくる感じが何よりも魅力だなあって感じる。
中心となるものだけでなく、大きいもの小さいもの中心にあるもの周辺にあるものすべてを含め同等の愛情を注ぎ、描き出しているのでどこを切り取っても見飽きない楽しさを感じる。
若冲の生き物にたいする考え方ってすごく東洋的というか日本的、かつある意味とっても今の時代にマッチしている感じもする。そういう感覚が、今みていても全然古さを感じさせない点なんだろうなとも思う。

そして、自分が追求したい表現を生み出すために材料、技法といいすべての面で徹底的に追及していたんだということが今回の番組を通じて良くわかった。
筋目がきにしろ、点描や、枡目がきにしろ、素人にはボーっと眺めていただけでは、何となくすごい感じはしたとしても、その価値がよくわからない。
今回、いろいろな工夫やオリジナリティがよくわかったので、そのことを知った上で今後若冲をみると、面白さがより増すと感じました。

やはり、動植綵絵は、いつかみることができたらいいなあと思う。
若冲の描く鶏、生でみてみたらすごいだろうなあ。
そして、私は黒を描き分けていた水墨画も結構面白そうだなあって感じました。
黒を駆使した乗興舟という版画もみてみたい。京都から大阪までの船旅を描いているんだけど、地理的な流れだけでなく、その中に時間の流れもいれているのがすごい!
鳥獣花木図屏風、この世界観ふれてみたら本当に面白いんだろうなあ。(あれを、お風呂のタイルにしちゃう、プライスさんもすごいけどね 笑)


そして、今回大役を務めた大ちゃん。

本当に若冲を好きでいろいろ見れて、知れることが心から楽しそうでワクワク感が伝わってきた。
そして、若冲の絵を見つめる様子が、面白いおもちゃを与えられた子どものようで、キラッキラの笑顔。
大ちゃんの、若冲をみながらの感想も、通り一遍じゃなくて、大ちゃん自身の感覚からでてくるのが伝わってくる。実際に自分自身も描くからこそ気づくような視点も多かった。

茂木健一郎さん(脳科学者)、辻惟雄さん(美術史家)、狩野博幸さん(美術史家)などなどの大家の方と対談している場面もありますが、大ちゃんが物おじせフラットな感じで、こういう態度が大家の方にとっては逆に好感度大なんだろうなあ・・・・なんか年代とか様々なことを超えて、同じ若冲好き同士が喋っている感じがありました。・・これって、年齢を超えて嵐スキ~同士がしゃべっているのと同じ図(笑)
特に、辻さんなんてすごく優しいおじいちゃんな笑顔で「大ちゃんみたいなアイドルが、若冲をこれだけ好きでいてくれることがまず嬉しい」そう感じてくれているように思えました。
だって、私のように大ちゃんきっかけで若冲のすごさ、面白さを知った人はたくさんいるだろうし、辻さんも大好きな若冲がそうやって裾野が広がっていくことがきっととっても嬉しいんだろうなって感じました。

今回の番組を通じて、ぜひ本物をみてみたいそのことを改めて感じました。

そうそう、今回の番組をみていて、翔ちゃんもいまカーサで分野はちょっと違えどいろんな美術作品(建築作品)のページ持っていて、この2人同じものを見ても、絶対視点が違っているんだろうなあって感じました。
翔ちゃんはこの若冲ミラクルワールドを見て(きっと、見てると思う!)「智くんの視点や発想すげ~な~」って思ってたのかなあ。
私は、どっちがどうではなく2人の視点の違いが面白いんだけどね(笑)






関連記事
スポンサーサイト
2011.05.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1506-65ae9cc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。