上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「阪急電車」みてきました。

● 「阪急電車」 
監督 三宅喜重
脚本 岡田恵和
出演 中谷美紀・戸田恵梨香・宮本信子・南果歩・谷村美月・

感想は続きに


原作を読んで、原作の感じがとても好きで、映画化されたものもぜひ見に行きたいって思っていましたが、
原作との違和感があまりなく良かったなあって思います。

キャストはよかったなあ。
婚約者を寝とられちゃう翔子さんの、勝ち気で強気で、それでいて凛とした強さと潔さ、そしてもろさみたいな感じが、中谷さんのイメージにすごくあっていた。
そして、誰よりも秀逸だったのが宮本信子さんが演じる時江さん、上品な感じと毒っけ具合のミックス具合がとてもよくて、本以上に存在感があった感じも。
孫役の芦田愛菜ちゃんも相変わらず、上手い。それに、もともと兵庫出身だから、関西弁具合も自然な感じがしました。

戸田恵梨香さんは普通によかったけれど、女子高校生役の有村架純ちゃんがすごくかわいくて、役の感じにもあっていて印象的でした。

谷村美月さんも、素朴な女子大生な感じが上手かった。

原作もあの阪急今津線の都会の中を走っているけれど独特ののんびりした感がすごくいいなあって思ったんですが、それが映像でみれてより雰囲気がつかめる感じはしました。

でも地元の方は、よりいろいろリアルに感じることができるんだろうなあ。
阪急今津線の、あのローカルな雰囲気、ちょっと違うけれど、かつての東急池上線や目蒲線(今は目黒線と多摩川線に変わっちゃったけれど)に緑のいもむし電車が走っていた頃を思い出しました。
関連記事
スポンサーサイト
2011.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1543-97e590ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。