FC2ブログ
今月号の日経エンタテイメント(7月号)

「ジャニーズライブ 熱狂ステージの作り方」と題した音楽評論家の市川哲史さんの記事が載っています。

DVDと生のステージとで、一気にジャニーズ13組のライブを見比べての、ジャニーズステージ全体を通じての感想と各グループそれぞれ特徴などなどの論評してます。

市川さんのジャニライブ全般に対する話が、私がスマコンに対して、そして嵐コンに最初に行った時の印象と被っていたこと。
くそして、他のグループはどんななのかなあっていう興味から、しっかり読みたくなって買ってきました。

まず何がそうなのそうなのって思ったかというと、この部分!

ジャニーズライプを初めて見たものは誰もが、「こんな感じだろう」的な余裕しゃくしゃsくの想像図をはるかに超える内容に、驚かされる。そして、他のバンドやアーティストのライブを見なれている者ほど、その衝撃は大きい。

私が一番最初に観たのは、SMAPだったんだけど、スゴイ!!って思ったし、なんてワクワク楽しいんだろうって思った。
その以前まで、私自身ライブってかなりの数見ている。、
日本人だったら、ユーミン・山下達郎・矢野顕子 スクエアとかカシオペアなどなど
外タレだったら、マドンナ・MJ・ローリングストーンズ、ジュネシス、ホール&オーツ、クラプトンなどなど
演奏主体のものから大掛かりな見せるものまで。

それでも、この楽しさってなんだって思った!

そして、6.7年スマコンに行っていた後、初めて行った嵐コン。
スマコンのイメージでいたら私にとっては、おもてなし感、サービス精神旺盛な感じが、スマを完全に超えていた(もちろん、私の主観です)

そこで、観た感覚が市川さんの文章にそうなのよね、って頷ける(今となっては、ごくごく日常な風景の描写なんだけど)


私自身のジャニライブ経験は、嵐・SMAPは生で。
関ジャニはDVDで。あと、嵐くん達がジュニアの頃のライブ映像をDVD(というかビデオ!!??)でみたことがあります。

でも、その他はみたことない。
だから、他グループってどんな感じなのかなあってちょっと興味ありました。
各グループについては、私はV6とカツンを見てみたいって思ったけれど。
あと、私自身はあまりハーモニー系のものはいいとは思うけど、それほど強く惹かれないんだけど、
テゴマスのインタビューはおもしろくって、見れる機会があったら一度見てみたいなあって思いました。

嵐くんについては、
潤くんがスマの初めての国立の日ににいたっていう話を読んで、今さらながらに一緒の場所にいたかもなんだと。

評価自体は、タイトルにつけられた
「巨大スタジアムで際立つ5人におもてなし精神」につきるような内容でした。
CMディレクターの中島さんも、嵐コンに行った感想ふれてくれています。

うん、私自身最初に感激したのは、そのおもてなし精神だったと思うんだけど・・・
でも過去のものなど含め映像でみれるものはいろいろみた今としては、今後もハコの大きさに負けず、嵐らしい実験精神、チャレンジ精神を大切にして、何よりも攻める嵐、踊る嵐でおもてなしして欲しいなあって思ってます。

関連記事
スポンサーサイト



2011.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1579-4eddf45f