上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
一途の記事書こうと思って、ちょっと前のものを見ようと思ったら・・・・・
私としたことが、7月号パスしちゃってましたよね。
絶対読んではいると思うんだけど・・・ちょっと記憶を手繰り寄せて、や探しをしたいと思っています。

ということで、今回は8月号「芸能人の悩み」です。

まあ、話自体は相変わらず「じゃない方芸人さん」とのお付き合いが盛んで、芸人さん達から色々相談相手にされることも多いらしい。

で、役者仲間といても、芸人友達といても、ニノは基本プライベートでは聞き役が多くて悩み相談を受ける側に回ることが多いという話の中で・・・思ったこと。
そりゃあ、大ちゃんと2人で飲みに行ったら静かだよね(笑)

大ちゃんも、どちらかといえば聞き役タイプかなって思うし、そういう意味では情緒的に超安定した(って言うか、嵐さん達みんな安定していると思うけれど) 2人がいて、この2人だったらニノがいろいろちょっかいをかけていかないと、話題は展開してかないだろうなって(笑)
まあ、大宮の場合、充分コミュニケーションがとれているから、今さらそこで何かを話すのりにはならないだろうな・・・なんて、読みながらふと考えてしまいました。


今回のニノの印象的な言葉は、なぜニノが仕事でもプライベートでも悩み少ない人なのか(だからこそ、相談されやすい)について自分で語っている言葉

「オレは、ホントに仕事もプライベートも悩まないんだよね。それは、考える前にやるしかない現場に居続けたからっていうのもあるけど、”答え”がいっぱいあることを知っているからだと思う。特にこの仕事・・・表現や創作に正解はないからね。自分を信じて思うがままにやるしかない。もし、そこで失敗しても、視点をかえてみればいい。(後略)」

私は、ニノが悩まない人だとは思わないけれど、悩みに酔ったり(よく、悩んでいる自分に酔っているケースってあるよね)悩みに振り回されたりはしないタイプなんだと思う。あまり、そういう自分の悩みで楽しむことをしないというか・・・(ちょっと、とげがある言い方かなあ)

そして、このニノの言葉って、特に若い子にすごく励みになる言葉なんじゃないかって思う。
若い時、特に10代の頃や学生の頃って、何が一番正解なんだろうってすごく考えちゃった気がするから。(私もそうです)
でも、仕事をするようになって、いろいろ人生が積み重なってくると、どれも正解だし正解なんてなかったりすることが身にしみてくる。

「自分自身を信じて思うがままにやる」それしかないんだよねっていうのが、実感してくる。

そして、「ダメなら視点を変えてみる」

このニノの言葉から、ブレイクスルーできる子達がたくさんいればいいなあ。


それにしても、ニノ聞き上手そうだよね。
そんなニノに、お酒飲ませていろいろ語らせてみたいなぁ(私が聞き役になるから・・)
そんなふうに、ちょっと妄想したくなっちゃいました。
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1619-fd9b5477

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。