上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年も、大河継続視聴中ですが、原作本ざっくりですが読みました。


● 「江 姫たちの戦国」上中下 田淵久美子 NHK出版


っていうか、これって原作なのか、脚本のノベライズなのか、それすらよくわからないけれどでも話の筋としてはほぼそのまんまですね。

もともと、戦国時代は好きで、女の人にスポットをあてているところも好きで、波乱に満ちた浅井三姉妹って色々他のものでよんで興味があったので、ドラマの確認的読み方でしたけど、楽しく読めました。


これまでの江戸城にあっての江の印象って、すごく気も強いし、嫉妬心も強いし、自分の心のままに生きている感じが強かったんですが、今回のこの話では信長の性格を受けついているっていう設定になっていて。
なんかそういう前提での江の成長の様子がある種納得がいく感がある。

今はいろいろ浅井姉妹関係のものもでているので、この機会にもうちょっと違う角度からのものも読んでみたい。



新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下
(2010/11/12)
田渕 久美子

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
2011.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1662-e9c0ea02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。