上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「それでも生きていく」

昨日で終了、さっき録画していた最終回見ました。

視聴率的には、重たいし難しいテーマだし、伸び悩んでいたようだけど(最終回はやっと10%台にのせたものの平均は9.25%) 私は、はまって毎回涙してみてました。
(今クールは、これと「美男ですね」に一番はまったかも)

テーマもね、色々に割り切れなくて苦しくてっていうものであったけれど、何よりも演じてらっしゃる役者さんの迫力がすごかった。

柄本さん(相変わらずの怪演 そうそうに亡くなってしまったから出番は前半でしたけれど)

大竹しのぶさん(大竹さんは、スゴイ!今回、スゴみ迫力があったよ。スゴイとは常々思っていたけれど、この人の女優力ってハンパないよねって改めて思って、急に身毒丸が見たくなったけど、時すでに遅し。風間くんとの対決シーン、風吹ジュンさんとの対決シーンは息をのんでみてました)

時任さん(なさけなさ加減がいいんですよね・・・・)

風吹さん(大竹さんとの対決シーンが見ごたえあった)

そして、主役どころ

瑛太さん(私は、瑛太さんはまる時とはまらない時とがあるんだけど、今回はよかったなあ)

満島ひかりさん(去年の「悪人」でこの子何、いいんだけどって思って以来注目なんですが、世間的にも注目されているみたいですね。CMにもでているし。上手ですよね、それに可愛く見せよう発想がまるでないところがいい、悪人の時もそうでしたが、体当たりで頑張っている感じがします。次回作も楽しみ)

風間俊介さん(今回、実は瑛太さん以上に、満島さんと風間くんがおいしかったんではないかと思っています。スゴイよ・・・風間くんがこれを機にまた色んな役どころに挑戦させてもらえたらいいなあって思っています)

そして、ラストについて。

自殺をはかった、文哉@風間俊介を助けた洋貴@瑛太の熱い語りかけに対して、心を閉ざしたままの文哉の反応も、ショックで涙だったけどあそこで文哉がいい人で反省しちゃう方が不自然よね(だって、彼の中のトラウマは何一つ解決されていない)

あと、お互い好きでいる洋貴と双葉@満島ひかりだけど、別の道を選んで、最後のデート場面は切なかったけれど。双葉の性格だったらそうなるのかなあと。(でも文通しているところが、救いでもあるし、結局お互い支えが必要なのね、そんなに強くはなれないよねという感じがした)

ずっと、救いようがない感じがしている文哉だけど、最後の拘置所の場面、彼の中の何かが変わりそうな予感を残して終わったのが、後味の悪いものにならずに済むギリギリな感じでよかったかも。


ということで、見ごたえがあるドラマでした。

そして、満島さんと風間君のこれからの活躍が楽しみなのと、大竹さんの舞台がみたい!そう感じたドラマでした。
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1697-74161781

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。