上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
金曜日、最終回だった「美男ですね」

視聴率的には、二桁に惜しくも届かずだったようですが、私は「それでも生きていく」と並んで今期かなりのヒットだった!
(ホントは、巷の感想みてると、ヨシヒコも見たかったんだけど、気づいた時はもう何回か過ぎた後だったから、再放送があればみたいなあ。)

「美男ですね」韓国ドラマが原作だそうですが(あの、超人気のマッコリの彼がでていたんですよね。日本版にも途中ゲスト出演あり!)私は、みていないのでサラな状態でみました。

第1話から思ったのは、これって「花男」?

正確には、イケパラの男子集団の中に男装した女子が一人入って恋愛がはじまるっていう設定+花男の俺様Sキャラ、でも内面はすごくナイーブ(道明寺・廉)、報われないんだけどすごく優しくて横からヒロイン強いては2人を支え続ける俺様キャラの親友(花沢類・柊)っていうキャラ設定を足して2で割り、韓国ドラマっぽい親の代の恋愛関係のもめごとが子の代にまで影響するっていうスパイスをふりかけたみたいな・・・・そんな感じのドラマ。

はっきり言って、つっこみどころも満載なんだけど、主人公である廉と美男(美子)、そして柊、ユウキ+ナナの恋愛をめぐるベタな展開があまりにも「こうきてほしい!!」っていうところにドツボにきてくれて・・なんていうか水戸黄門的気持ちよさ、「来るぞ来るぞーー、キターーーーーー!!」ってそんな感じがすごく楽しく見れました。ベタだと思っていても、ちょっとウルッとなる部分も毎回ありましたしね(笑)

玉森くん@廉は、きれいな子だと思っていただけに、今回結構お化粧濃くってそれが残念。
(先クールの月9(香取くん主演のもの)で黒木メイサさんの弟役をやっていて、そっちの方が好きだったから)
藤ヶ谷くん@シュウは、髪の毛切って、この感じがとってもgood!(去年以前はちょっと見た感じお水系なイメージだった)
八乙女くん@ユウキは、なかなか楽しく、結果チャーミングな役どころ

あと、今回脇がまた皆様濃くって(笑)
高島(弟)さんとか、柳沢慎吾さんとか、楽しませていただきました!


あと、筋とかとは直接関係しなかったりもするんですが、今回、Anjelがアイドル設定じゃないですか。
うちわを持った女の子たちもワラワラでてくるし(笑)
そういう面でも、いろいろツッコミを入れながらみれて面白かったかも。

でもね、さすがにあのラストはいただけなかった。
だって、いくら非現実な設定とはいえ、
コンサート前に廉が出てきて客席を見回して美男を探すっていうのも・・・?(まあ、百歩譲ってありとしよう)
その上、直前でオープニング曲入れ替えてソロに変える(まあ、これも百歩譲ってありとしよう)
あげく、客席に美男をみつけたら、ステージおりて抱き合って告白(さすがに、これはひどいでしょ)

私が、「これはちょっと・・」とブー垂れていたら、2号に「まあまあ、ドラマですから」となだめられた(笑)

完全に目線がファン目線ですからね。ちっとも、「よかったね~」にならなかったわ(笑)
こんなこと「ありえないでしょ!!!!」

それも、観客みんなが拍手をしてお祝いする・・ないない・・(笑)

えっ?!性格悪すぎですか???
普通にみてたら、あんなことしてもらったら幸せ!って浸れるもの?


そして、結局アフリカに行ったのよね。
そして、帰ってきて・・・
なんかラストがあっけなくて、「はぁ??」っていう感じだったのは、かなり残念。

あと、まあ話がややこしくなるから仕方ないけど、お兄ちゃんの本物の美男が、帰ってきて新メンバーに加わったんだから、最後だって一緒に楽屋にいなきゃおかしいし、あまりにも存在感希薄すぎやしませんか・・・

と、最後までつっこみどころ多かったけど、かなり楽しんだことは事実!
キスマイの曲きくきっかけにもなったしね。
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1708-9a6a7842

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。