FC2ブログ
「ツレがうつになりまして」を見に行ってきました。


●「ツレがうつになりまして」
 監督:佐々部清
 出演:宮崎あおい 堺雅人 余貴美子 大杉連  

⇒ 「ツレがうつになりまして」公式サイト

あおいちゃんの役名が「晴子さん⇒はる」で、でも神カルのハルさんとは全く違うキャラクターなので、全然別物としてみることができました。

面白いっていう言い方は語弊があるかもしれませんが、この主人公夫婦の感じがとってもよくって、夫婦の・・そして、家族の繋がる形とか、いろいろに感じることが多い映画でした。

うつ病・・・・、映画サイトのレビューで、実際に体験した方がこれはすごく軽く描かれていて(病気の病状という意味では)実際はもっと壮絶だと書いているのを何件か読みました。
そうですね、これはドキュメンタリーではないし、意図は別の部分にあったりもするだろうから、実際はもっともっとハードな世界なんだろうって思います。

息子の幼稚園の同級生ママの1人が当時うつ病で、本当に辛いし大変なんだなぁって思っていた。
そして、誰よりも幼稚園と小学校の娘たちがやっぱり大変なんだろうなって思っていた。
でも、ママがやっぱり大好きだった。
周りは無理しなくていいんだよって見守るしかなくて、本当に何もしてあげられなかったんだけどね。
何か観ながら、彼女のことを思い出していた。

あおいちゃんもいいんだけど、あおいちゃんのお母さん役の余さんもよかったなぁ。
義理の息子をああいう距離感で見守れて。

そして、病気になったことによって、気づくことってあるよねって思った。ふだんは、なんだかんだと日常に流されてお互いのことがちゃんとみれてなかったりもするし。


そして見ながら、今うちはダンナが諸事情で殺人的に仕事に追われているんだけど、色んな意味で無事でいてほしいなあって思った次第です。
関連記事
スポンサーサイト



2011.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1774-dd09e2fa