FC2ブログ
「謎解きはディナーのあとで」第5話です。

今回は、野球中継が延長になったため、50分遅れでスタート
視聴率は、15.9%
下がってますが、50分延長っていうハプニングがあったにしては、健闘しているかも。

今回は原作はパート2からのお話だったんですね。 
影山に絞っていえば、萌えポイントは確実にふえております。

国立日記の魅力をとうとうと語る天然な感じとか(影山のこういうとこ好きです。推理小説について夢中になったり、クィーンQに夢中になったり)大好き!
それから毒舌パターンもバリエーションは確実にふえていて、お嬢様を愛情持って手のひらで転がしている感がいろいろでていて、そのへんの表情のバリエも増えていて嬉しい。

(絶対に、放送終わって一通りダビングしたら、影山の表情だけ集めたDVD作りたい!!)


ですが・・・・ちょっと辛口な気分もありなので、それは続きに。
辛口は読みたくない方、スルーしてくださいね。



影山を愛でる会(←一体そんな会いつできたのか!?? 笑)としては、満足なんですが













何だろう私的には#3.4 特に#4がよかったなぁ。今回の監督さんはどなただったんでしょう。#1.2と一緒の方で#3.4が一緒の方のはず。
今回どっち??

(コソッ)何か、途中で飽きてきちゃった。翔ちゃんの謎解きの部分が多いのは嬉しいけれど、なんか全体間延びした感が若干したんですが・・・
何が違うんだろう。影山の発言後のお嬢様の切り替えしも、もっとテンポよくいってほしいとか・・
影山の毒舌パターンも増えいじり方バリエーションもふえているので、それに対するお嬢様のパターンもいろいろ変化をつけてほしいとか。

あと、#4は森本レオさんと手塚理美さんに思わず魅せられてしまった感があったのかなぁ。
やっぱり、その回の事件にまるわる人間関係の部分が説得力がないとなかなか影山の最後の車内の言葉に繋がらなかったり(萌えではあるけれど、説得力をもって繋がってこない)するのかなぁ。
そういう意味でゲストで出演される方の役割、とっても重要ですよね。

来週の#6は、村井嘉則監督ということで、これまでのお2人とはまた違うようだし、どのようになるのか楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト



2011.11.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1789-481b7a0f