上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
怪物王子さまこと、嵐のリーダー大野智さま、31歳お誕生日おめでとうございます!

今日お誕生日に初主演映画「怪物くん」公開ということで、Wでおめでとうございます。

もう、1ヶ月以上前から雑誌祭りは始まってるし、昨日は番宣のため、日テレジャックだったし、
ここのところホントにビジュアル絶好調超ですよね。

(実は先日偶然、一瞬でしたがレギュラーのロケ現場に遭遇、生智のかっこよさにクラクラしておりました)

それにしても、怪物くん番宣で最近ピンでいろいろな番組にでているじゃないですか。

思い出すのは、2008夏の魔王の番宣、
基本あの時は斗真くんと2人だったけど、嵐メンと離れてピンで番宣していて、大丈夫かなぁとなんかはらはらドキドキしながら見守っておりました。
本質は、全然変わっていないんですよね。相変わらずマイペースで、でも実は芯がある。
まわりもかなり見えている。

でもあの当時はきっと大ちゃん自身もああいう状況にそれほど慣れていなかったから、ちょっと戸惑いつつだったと思うし、見ている側の方でもなんか大丈夫かなぁ、喋れなかったらどうしよう、大ちゃんのよさをみんなそこまでわかっていないだろうからどう対応されるんだろうって思いながらみていたような。

でも、今は全然違いますね。大ちゃんのキャラっていうのがかなり浸透していて(まあかなりステレオタイプ的に捉えられる場合もありますが)、嵐自身のポジションって言うのも浸透していて、良くも悪くもある種安定した構図の中にある。そして、大ちゃんはその真ん中にいて、ある種超然としているくらいにマイペースで、でもカッコいいです。
クールでありながら、ほわっとした雰囲気も醸し出していて、自然体なよさをにじませている。

この人、やっぱりもう31の普通に大人なんだよね、なんかそんな成熟を感じました。


昨日の番宣、ざーっと駆け足で編集しつつ見ましたが、PONとZEROがすきだったかなぁ。
PONは、最近絡むことの多い岡田さんが司会だから、なんか岡田さんのほわっとした雰囲気の中で、大ちゃんに対する好意がとっても感じられて、大ちゃんもよりリラックスしていたような。

そしてZEROは、翔ちゃんに対するスタッフの好意がそのまま智くんに反映されているような気がして。
藤子A先生と竜平さんとの、先生の故郷をたずねての対談もよかったし。
きっと、櫻井キャスターは、テレビの前でにやにや笑っているだろうなぁって思いながらみていました。
それとそうそう、かきとめておかなければ、村尾さんに「リーダーとして嵐をどうマネジメントしているのか」ときかれて、自分は特にまとめたり縛ったりということはないけれど、5人がそれぞれお互いを尊敬しているところがまとまりに繋がっていると答えていたこと。
「5人がお互いを尊敬している」これ本当にその通りで、単なる仲良しこよしのグループではなく、これがあるから嵐としてのグループの凄さ、良さができている。
このことがすっとでてくる大ちゃん、やっぱりあなたは嵐のリーダーだよ!!って嬉しくなりました。


逆に時間長かったけれど、ヒルナンデスはちょっと物足りなかった。
久本さん、実は嵐のこと良く知っているだろうと思うけれど、初心者向けにいろんな要素を次々詰め込んでいって、なんかもっと大ちゃん自身の素をひきだしてほしかった。

まあ、何はともあれ昨日は朝から夜中までの番宣、そして今日は舞台挨拶・・・お疲れ様

31歳が、大ちゃんにとって充実の年になりますように。
日焼けはほどほどに、身体にきをつけて!
関連記事
スポンサーサイト
2011.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1798-20947dd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。