上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
14日(水)に、神奈川芸術劇場でやっている古田新太さんの「ロッキーホラーショー」に行ってきました。

すご~く楽しかったよ!!

● 「ロッキーホラーショー」
脚本・作詞・作曲  リチャード・オブライエン
演出        いのうえひでのり
出演        古田新太・岡本健一・藤木孝・Rolly・笹本玲奈・中村倫也




<すみません、さっき別エントリーで写真だけアップしましたが、こちらに統合しますね。おねえさんの写真は続きにあり。拍手くださった方、ありがとうございました>


若干のネタバレあり
(最初の部分のみですが、全く情報を入れたくない方はご注意ください)


名前だけは良く良く聞いたことがあって、ロックオペラ、ロックミュージカルといえば「ロッキーホラーショー」「トミー」「ジーザスクライストスーパースター」ってなんかそういう印象だけがあったんです。
ちなみに「トミー」はみたことあります。でも「ロッキーホラーショー」については、はっきり言ってそのくらいの予備知識。でも、古田さん×いのうえひでのりさんだし♪なんかワクワクして面白そう。

そして、濃かった~(笑)でも、楽しかった~!クセになりそうな楽しさwwww




(若干ネタバレなのでさげます)


















まず開演前、こんな感じのお姉さん達が客席にいてポップコーンを売っていて、買うとすごーく盛り上げてくれる!(ちなみにこの写真は、終演後とらせていただきました。一緒にもとってもらったんだけど、それはハズカシイからなし 笑)



そして、ここからもうすでにはじまっている。客電が落ちると、このお姉さんのうちの一人が舞台に上がって歌を歌い始め、そこからスタートです。

まあ、ストーリーはたわいなくて、ブラッド&ジャネットのカップルが雨宿りに立ち寄ったお城で、はちゃめちゃな体験をするっていうものなんですが。

もう新太さん、スゴすぎます(笑)

前に「薔薇とサムライ」観た時も思ったんだけど、普通にしているとほんとにただのおっさんなのにどうしてこんなにスゴイの!

あの時もなんてカッコイイのって思ったけれど。

今回は、網タイツに黒いボンテージのゲイ

そりゃ、普通に想像したらちょっと勘弁(ごめんなさい)な世界だと思うんですが、
それがド迫力でかっこよく(カッコいいという言葉が正しいのかわからないが・・)思えるところがすごいよね。
身のこなしも、踊る姿もキレがあるし・・古田さん歌もいけますし・・

なんていうのかなぁ、もう存在感がすごすぎる。
古田さんがやっていると、このフランク・フルターは古田さんのためにある役っていう気がしてくる。

(ちなみに、これまでの日本公演では、今回別の役ででていらっしゃる藤木孝さんROLLYさんが演じていらっしゃいます。藤木さんはちょっとイメージつかないけど、ROLLYさんのフルターはもっと美しいものであったのかもしれない・・w)

その他、独特の味わいで出色は岡本健一さん。
召使いのリフラフを演じている。ちょっと猫背で手足がひょろ長く、ハゲ(笑)
でも、その独特の雰囲気がフルターとのコントラストでいいんですよね。
そして最後、カーテンコールで客席もたちあがって一緒に踊るところであおる様子は、さすが、ジャニーズ!!
かっこいいんだわ~

あと、笹本玲奈さん@ジャネット、今回はじめてみた女優さんだったんですが、よかったです!後半になればなるほど、よかった!

パンフレット買ったんですが、3人のフルターの対談あり、いのうえひでのり×高橋ヨシキ(今回の翻訳もてがけていらっしゃいます)×宇多丸という3者の対談あり。サブカル色満載のかなり読みごたえのある面白いパンフレットでした。

一昨日は、まだ横浜のチケットはあるみたいでした。
(年内はもう無理だけど・・・・)

東京は1月末から2月初旬、サンシャイン劇場で。
(くせになってもう一度いっちゃったりしてww まあ、果たしてとれるのかわからないけど・・)




関連記事
スポンサーサイト
2011.12.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1810-c52fe8a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。