上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
年末、今年はテレビ誌の表紙が一せいに嵐さんだったり、翔くんの雑誌祭りは終わっても、智潤の雑誌祭りからそろそろあーばさんの方も始まっていて、もう全くついていけてない状態です。

そしてMOREの一途、この秋はすっかり感想をとばしちゃっていたんですよね・・・
なので、もうすでに新しいのは出ますが(もう出ているか?)
とりあえず、大ちゃんインタビューがのっていた1月号と嵐さんが表紙だった12月号のものについて


2012.1月号
「受信と発信」
なんか、これ読んでいてニノずるいなぁって思った(笑)

”みんなが欲しいもの”と”いいもの”は必ずしも一致しない。
(中略)
オレは、”みんなが欲しいもの”を発信しながら、”いいもの”を受信したいタイプ


ズルイよ、みんなそう思うよね、私だってそれが一番面白いって思うもの・・・・
って、思ったところで、あれ?ひょっとしたらみんなそうだとは限らないのかも・・・って思い至った。

ひょっとしたら、みんな発信したいものは”(質の)いいもの”であったりする??
”みんなが欲しいもの”を提供するために動くのは、資本主義のこの世の中で仕方がないことではあるけれど、
そのことって、「単純に面白い」ってなんかすごく共感する。

もちろん、みんなの欲しいそれが質の高いものと一致すれば一番いうことなしの幸せだけど、すべてがそうって難しいよね。

「質のいい嵐」だけを追求しようとすると、どこで見ても似た嵐になっちゃう

それも、ある意味わかる気がする。

そして、”欲しいもの”と”いいもの”のバランスをとりつつ対応しているのが嵐さん逹だっていうことにも納得。

でもね、思うのは、その2つのバランスに”やりたいこと、自分達が発信したいこと”っていう軸も加えてほしいなぁって思う。

実は、私が欲しい、みたい嵐は、「彼らがやりたいと思うことを全力で楽しんでいる様子」だったりするから


2011.12月号
「男心と秋の空」

ニノの女性に対する見方には、若干ステレオタイプな感じがしなくはないけれど(笑)

いつでも知りたいと思わせる部分をもっている人がもてる、

これ、ニノ実践してませんか??って思った。(爆)

でも、興味をもたれるのと、好きと思うのは、どっちが卵でどっちがニワトリ?

好きな人のことは知りたい!って思うけれど・・・
興味がわく人が必ずしも恋愛対象になるわけでない。

また、一方で好きだからあえてこれ以上知らなくてもいいって思うこともあるのも事実かも。
(特にリアルな場合ね)


そうそう、芳麗さんの見出し

毎年、変わらないようでいて、
何かしら確実に変わっていく心の風景。
二宮和也の一途をたどる。


この文章に妙に説得力を感じました(笑)
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1820-828a5bdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。