上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
櫻井翔さま、30歳おめでとうございます。

昨日、0時になったと同時に、ツイで翔くんハピパのお祝いをしました。
TLが翔くんおめでとうの声で埋まって、それはそれは幸せな場でした。


さてさて、ようやく待ちに待った30代突入ですね。

いろいろ折に触れ、30代になるのが待ち遠しい、男は30代から・・・といった発言があったかと思いますが、
いよいよ30代、

この30歳のお誕生日の日に、前のエントリーでも書いたSPドラマの情報が解禁になったことも、なんかすごく意味深く感じます。

一見すると、一般的イメージは、知的でスマートでお茶目な感じと思われているのかなと思うのですが(まぁ、一般的にどういうイメージかなんて、こんなどっぷり漬かっている私には冷静にキャッチしようもないのですが 苦笑)
最近でこそ、それが前面に見え隠れすることは減ったとはいえ、本来はすごく負けん気も強く尖った部分を持っていて、向上心にあふれた人。

今回のSPドラマの内容、またコメントをみて、30代最初の演技仕事で大きなチャレンジができるものになったことを喜んでいます。
10代~20代前半の尖り方とは違うけれど、自分を追い込んでクリアーしていこうとする攻めの姿勢を感じてます。

ZEROで、戦争に関する取材を継続的にやってきているから、新たなアプローチでいろいろ勉強したり経験できることが、今回のドラマに反映されるだけでなく報道の仕事への深みにも繋がっていくことでしょう。
それに、そもそも役として難しい。戦時中は軍国主義に徹していて、戦後価値観の転換の中で悩み苦しむ教師役。
Pの方だったか関係者の方のついにもありましたが、もう歴史の上では結果の出ているテーマ(民主主義を善とすれば、軍国主義は否定されるものですよね)
でも、実際には昨日までの価値観が180度否定されて、戸惑い変えられずにいたり、苦しんだりした人も多数いたはず。そういう部分にスポットを当てるドラマなんだろう(勝手に予測)と思うので、本当に”人”をきちんと演じなければならない。
またキャラクターの思想的な部分から、シンパシーをどの程度感じさせるのかその加減も難しそう。

だから役者としての力量も、すごく試される役柄なんじゃないかと思うわけです。

そういう意味でもチャレンジング。

もちろん、角刈りにするのか!!?とかもありますが(笑)


でも、30代が攻めの仕事からはじまることが嬉しいです!

ただ、今年は、24Hテレビもあるし、ロンドンオリンピックもあるし(勝手に関係すると仮定 笑)
本当に忙しい。身体には気をつけて、上手く息抜きをしながら走り抜いてって思っています。


もちろん、コンサートも!!!!
もう本当にラップシングルも待ちくたびれている!!
この部分は特に攻める嵐さんをお願いしたいと、特攻隊長さま、ヨロシク!

(あぁ、ファンって欲深ですね 笑)


でも、こんなふうに始まる30代、きっとますますいい男になっていくんだろうなって思っています。

頑張ってついていかせてね。

関連記事
スポンサーサイト
2012.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1842-1065502a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。