FC2ブログ
生き物の映画の番宣で、テレビの露出もどんどん増えている相葉さん。

昨日は、ZIPとモーニングバードにでていましたが、今朝はイノッチのあさイチ。

昨日のものもよかったですが、さすがNHK、今朝のものは本当によかった。
あさイチのプレミアムトークはいつも時間もたっぷりやってくれますが、今回何がよかったって、
演出家の宮田慶子さんと津川雅彦さん相葉ちゃんに対してのコメント。

たっぷり語ってくださった上に、その中での相葉ちゃん評が本当に核心をついていて、それでいて相葉ちゃんに対する愛情が感じられて。こういう大人、こういう人生の先輩が、彼のそばにいるっていうことがとても有り難く感じました。

ということで、宮田さんと津川さんのインタビューレポと感想
(なお、レポは私がテレビからひろったので、部分多少はしょっているところもありです。要旨としてこんな感じとうけとっていただければ)

長くなるので、続きに




宮田慶子さん、これまで相葉ちゃんが4回やっている主演舞台の演出をされている方です。
相葉ちゃんが「おかあちゃん」と慕い尊敬する方でもあります。


一番最初にお目にかったのが21か22、
一生懸命指示を書きとめるけれど、「感情を抑える」って言うとそれを「かんじょうをおさえる」ってひらがなで書くような感じだった。
でも、わからないことはちゃんとわからないと言ってくれる。
潔いけど、最初は「これは大変だ」っていうところからスタートしました。

私の指示で、それに自分が応えられなかった時はものすごい悔しいんですね。
みるみる顔が紅潮していくのがわかるんですよ。
あんまり口惜しいと涙ぐんじゃうんですよ。
私が出した注文は宿題としてかかえてもんもんと朝まで悩んで、寝てない顔なんだけど「いや、大丈夫です」って言ってやってくる。
人の何倍も実は裏で努力してきているっていうのは、最初の頃から感じてましたね。

「いつまで、(僕は)アイドルでいいんだろう」とか
「芸能界で活躍していく自分の得意技は何なんだろう」とか、
「やっぱりそれがない限りは消えてっちゃうんじゃないか」とか、
急き立てられるような焦りというか、それは本当にいつも持ってますね。
でも、それがある限りは、私は大丈夫だと思っているし、
そういう意味じゃ貪欲ですね。貪欲だし、用心深いし。


わからないことはわからないって素直に言えて、それで裏で人の何倍も努力をして、そしていつでも「大丈夫です」って人に対する・・・・
なんか、すべてが相葉ちゃんらしいなって感じたんですが、
一番共感したのが、「貪欲だし用心深い」というくだり。
相葉ちゃんの繊細さ、そして(最近は自信がついてきたことも多いとは思うけれど)これで大丈夫?ちゃんとやれている?もっと頑張らなきゃね!っていうような気持ちが常にあって自分に満足しきれない(満足しきってしまうことに、用心深いというべきか・・)そんな相葉ちゃんらしさをすごく端的に表していらっしゃるなぁって思いました。

そんな宮田さんとの出会いは、相葉ちゃんにとって、どうだったのか、

それじゃだめなんだよっていうこと、
与えられた仕事を誠実に一生懸命やりたいっていう気持ちはあるけれど、どうやっていいのかがわからない。
そんな時に、宮田先生が舞台ってこうなんだよっていうことを教えてくれた先生ですね。


宮田さん然り、志村けんさん然りなのですが、相葉ちゃんは本当に良い方達と出会って、ずっとお仕事の上で継続的な関係を持てて、その方達から教えてもらったり吸収したことが、本当に彼の演技の仕事バラの仕事に実ってきているなぁって感じます。


津川雅彦さん、「バーテンダー」で共演しましたね。

(嵐のコンサートに招待されて)
あの子達のミュージカルだろうから、「まぁ、そんなもんだろう」となめて義理で観に行ったが、行って感動しましたね。
観客を飽かさないうこの執念。
それが、ブロードウエイのプロ以上に育っている。

(バーテンダー収録時に、相葉ちゃんの作ったカクテルを飲んだら)
上手かった。ホントに美味しい口当たりのいいカクテルを作りえた。
ど素人ですよ、バーテンダーから言えば。
それを何日勉強したのか、何カ月やったかわからんけれども、習得しちゃってる。
それが、「すごいな、こいつ」って思ってね。

いざ(芝居を)一緒にやってみた時に実にいい間の取り方をしていたんでね、
「おいそこの間の取り方はよかったぞ」って言ったら、「ありがとうございます」なんて言っていたけれど
細工したり、なんかしたらできるもんじゃないんだよ。
自分の気なんだよね、気配で「間」というものはとっていくものですから。
これがいいなって思う美意識があるわけですよ。
それがやっぱり素直になっていないと自分の美意識がそのままポンとでない。
素直でいる、それはものすごく大事な根性だし、
魅力だし信念だと僕は思いますよ。

「今のお前が一番だよ」と10年後もそれを貫けるかと、それにはもっと苦労がいるし、もっと信念がいるし
もっと今の自分の価値観というものに自信を持つ必要がある


まず何より、相葉ちゃんのお芝居のよさを、褒めてくださったのが嬉しいなって思いました。
そして、津川さんくらいになると、相手に対する褒め方伸ばし方も本当に的確だよねって思う。
相葉ちゃんの最も相葉ちゃんたる部分って、その「素直さ」にあって、でも素直っていいことではあるけれど
それを成熟した魅力に持っていくって意外に難しかったりする。

でも、相葉ちゃん自身も、津川さんから言われていることとしてちゃんと受け取って話していましたが
ちゃんと、自分自身飾る必要のない、ゆるぎない価値観、美意識を育てていくことが、これからの10年さらにいい男になっていくために必要なことだって言ってくださっている。

これをきいていて、ますます10年後の相葉さんが楽しみで仕方なくなりました。
もうすぐ40の相葉雅紀は、絶対外も中身もカッコイイと思うよ(外がカッコイイのはデフォルト 笑)


そして、大御所達にこれだけ可愛がられる相葉さん、これって彼の人徳だよね、って改めて思った次第です。


関連記事
スポンサーサイト



2012.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1844-371766c1