上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、相葉さんの「生きものたち・・・」の初日ではありますが・・・

私は、「ALWAYS 3丁目の夕日’64」に行ってきました。(2Dです)

● ALWAYS 3丁目の夕日’64
  監督 山崎貴
  脚本 古沢良太・山崎貴
  出演 吉岡秀隆・堤真一・小雪・堀北真希・須賀健太・小清水一輝・森山未来・もたいまさこ・三浦友和・薬師丸ひろこ

公式HP


いやぁ、自分の家のリビングで観ているわけでもないのに(笑)

昼間っから、笑って思いっきり泣かせていただきました!
(もちろん、嗚咽とかそんなことはないです。ただ、静かに涙がとまらない・・)

なんか、寅さん的というか・・・(それは、ちょっと違うか・・・笑)

展開的には、驚きとかそういうものはない・・
でも、こう来るだろうなって思う通りにちゃーんと来てくれて、
役者さん達の力なんだろうけれど、ちゃんと来てほしいように心の琴線にも触れ、涙腺も刺激してくれて、
笑ってほっこりしながら、うんうんって泣ける・・・
そういう3丁目の世界がちゃーんと展開されていて、とっても満足(^O^)

そして、こういうシリーズもののだいご味だと思うけれど、子役だった淳之介@須賀健太と一平@小清水一輝がなんてお兄さんになったの!とか六ちゃん@堀北真希がホントに綺麗になったよねとか(もちろん、堀北真希ちゃんは普段から目にしているから、とっても大人っぽく綺麗とは思っているんですが、六ちゃんとしてみると成長具合が感じられる)1

森山くんが今回、新キャラとしてでてきているけれど、あんな昭和な森山君ってなんかとっても新鮮で、去年から期せずして森山君のもの観る機会が多いけれど(髑髏城、モテキと)いい役者さんになってるなぁって思います。

もちろん、吉岡さん、堤さん、薬師丸さんは言うことなし!

時代が、オリンピックイヤーの’64
ちょうど、私が生まれた後、
ビンのコーラ自販機とか、板塀の感じとか、自分の小さい頃に観たことあるなって思うものも、チョイチョイあってなんかノスタルジーでもありました。






関連記事
スポンサーサイト
2012.02.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1854-3d96b7d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。