上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「しあわせのパン」みてきました

●「しあわせのパン」
監督・脚本 三島有紀子
出演    原田知世・大泉洋

公式サイト

ちょっと予想以上に良い映画でした。
とにかくどのシーンを切りとってもすべてが絵になるというくらい映像が絵になっている。

なんていうのかな。動画じゃないの。
すべて写真として成り立つようなそんな感じです。
そのくらい、すべての動きやモノの配置を含めて計算されている感じ。

話は、主人公夫妻の経営するパンカフェのお客をめぐる話で季節ごとの構成、ほっこりする、ありがちなエピソードではあるけれど、でも心にしみる感じです。

何より、主人公の原田知世さんの現実感のなさが素晴らしい(変なほめ方ですよね)
なんか、映画全体がとってもファンタジーなんですよね
だからすごく絶妙なキャスティングだなって思って
似たような年代の女優さんで、小泉今日子さんでもなく小林聡美さんでもなく薬師丸ひろこさんでもなく原田さんならではの空気感だなって思います。

大泉さんがちょっとファンタジーとリアルの架け橋になっている気もする(笑)


パンを含めでてくる食べ物が本当に美味しそうで、食べたくなっちゃった。

あと、この物語のキーになっている絵本は、あれはこの映画のための創作なんでしょうか?
ちょっとググってみたけどみつからなかった。
(大人の絵本という感じでステキだったけど)

そして、忘れてはいけないのが最後の主題歌「ひとつだけ」
今回使われたのは、あっこちゃんと清志郎さんの2人で歌っているバージョン

↓こちらに、収録されています。

はじめてのやのあきこはじめてのやのあきこ
(2006/03/08)
矢野顕子、槇原敬之 他

商品詳細を見る


実は今回この映画見たいなって思ったきっかけは、嵐ちゃんで原田さんがこの映画の番宣で出ていた時だったかに、バックに主題歌として「ひとつだけ」がかかったから。

もう20年以上、あっこちゃんは大好きなんですが、中でもこの「ひとつだけ」と「電話線」は私の中で一番大好きな外せない曲です。

歌詞がとってもよくて(もちろんあっこちゃんのピアノも)
あっこちゃん1人が歌うオリジナルもとってもいいんですが、今回は映画のテーマから言っても
清志郎さんとのコラボバージョンが選ばれたのかなって思います。

オリジナルはアルバム「ごはんができたよ」が初出かな。
ベストアルバム「ひとつだけ」他にも収録されています。


関連記事
スポンサーサイト
2012.02.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1866-5713060d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。