上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は、3.11
もう1年たったんですね。

昨日は、震災特番やら目白押しでしたが、改めてまだまだそれぞれに大変な状況が続いていることを感じます。


最近は、私個人としては、放射能に対してのもう投げやりな気持ちでの不安がひたひたと増していることとかはあったりするのですが・・・

でも、東京にいて毎日の日々にかまけていると、もうそれだけでめいっぱいになっていたこともある。

でも、昨日「復興テレビ」観ながら午後仕事をしていて、そして2時46分黙祷して・・・・
その時ちょっと自分でもびっくりするほど泣けてきました。

なんか、1年前の日が、そしてそこから続くもろもろのことが、わーっと甦ってきて、ちょっと自分でもびっくりしました。
家族と連絡がなかなかつかなかったり(とはいっても、何時間後かにはちゃんととれたわけですが)
毎日揺れる日が続いて、テレビからはこれでもかと津波の映像が流れて、
急にお店からものがなくなって、節電で世の中全体が何か暗くなって、一時は人通りも少なくなって・・・
テレビもCMも消えて通常番組がなくなって・・・

こんなこと、東北の被災した地域の方に比べたら、大したことでもなんでもない。
それでも、私自身にとっては初めてのことでした。

そして、首都圏にかなりの確率で大地震が起こると言われている昨今、
だからといってどこに行けるわけでも、どこに行きたいわけでもない。
ここに居続けるしかない。
どうなるんだろうかっていう漠然とした不安を感じます。

そして、そう思うと宮城、岩手、福島の方達の不安もより痛い気持ちで胸に感じる気がします。


以下、復興テレビのこと


復興テレビ、あまりにも翔さんがメインでびっくりしました。村尾さんメインなことはもちろんだけど、脇でしっかり進行役を果たしていましたよね。

そして、改めて一般の方へのインタビュー、やりとりをきいていて、彼の寄り添って聞く力ってすごいなぁって思いました。
(それは、さっきのZEROでも感じたこと)

村尾さんは、一般の方へのインタビューも、やっぱり政治的な視点を織り込みつつぶつけてくるけれど、翔さんの方はもっと生活とか気持ちに密着した本音をひきだしてくる。
両方の視点があるって、ZEROにとって良いことだなあって感じます。

そして、あらためて翔ちゃんがZEROをやってくれていたことで、私自身の目からは抜け落ちていくようなことも見続けさせてくれたなって感じます。(ありがとう)


最後、昨日のわんちゃんになつかれていたくだり、あと今日の子どもへのインタビュー、よかったなぁ

関連記事
スポンサーサイト
2012.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1877-1e8bb3c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。