FC2ブログ

「クローズZERO2」を観てきました。

前回「クローズZERO」の時は、原作マンガ(まあ、原作時点より前のオリジナルストーリー」ということですが)は、特に男子から人気が高いことは知っていましたが、行く前は「不良のけんか映画だしどうかな・・・」「まあ、小栗くんみれるしいいかな・・・」と、完全に小栗くん目当てで行ったんですよね。
そうしたら、予想以上に面白くて・・、もちろん乱闘とか喧嘩のシーンは多いんだけど、それだけではないストーリーとしての面白さや、キャラの面白さがあって、満足度が高かったんです。

それで、?もみなきゃねと思い、行ってきました。




   ● 「クローズZERO?」
      監督 三池崇史
      出演 小栗旬 山田孝之 金子ノブアキ やべきょうすけ 高岡蒼甫
      ★★(面白かったです。女子にもみてほしい)
     


ストーリーは、?で、芹沢(山田孝之)を倒し、鈴蘭高校のてっぺんにたった転校生の滝谷源治(小栗旬)だが、てっぺんとは名ばかりで、学校全体を掌握できていない状態にあった。
そこへもと、鈴蘭高校で鳳仙学園との抗争で相手のトップを刺殺してしまったことで少年院送りになっていた川西が出所してきたことがきっかけとなり、鈴蘭対鳳仙の争いは勃発する。
はたして、滝谷や鈴蘭をまとめ鳳仙に勝てるのか・・・・・。
という感じでしょうか。


そして今回も、期待を裏切られず、面白かったです。
女子的視点でみると(すみません、女子と大きくまとめてしまって)乱闘や喧嘩シーンは、まあ迫力はあるとは思うけれど、そこを一番にみどころとは思えない。

やくざの組長の父(岸谷五朗)をこえたい、そのためには鈴蘭のてっぺんにならなければならない、そう思っている源治が、単に喧嘩に強ければいいわけではないということに気づき、人の上に立つということがどういうことのなのか、仲間から支えられるということがどういうことなのかを知っていく過程とか、ちょっとウルウルくるポイントもあるんです。

そして、一匹狼的で、人間関係にちょっと不器用な男を演じる小栗くんもかっこいいし、山田さんも役の芹沢(芹沢は喧嘩も強いし、人情味もあるし、かっこいいうキャラですよね)と相まってかっこいい。

今回、鳳仙側の1年生役で三浦春馬くんもでていました。
はじめは、もっと大きい役なのかなと思ってたけれど、鳳仙側のトップは、金子ノブアキさん演じる鳴海、三浦くんは、次代のホープとしてちょっと横から眺めている立ち位置なんですね。だから、三浦くんはほとんど闘いシーンはなし。血も出ず、髪も乱れず、きれいなまんまでした。

個人的にちょっと注目なのが、鈴蘭の1年のトップの役の大東俊介くん、ドラマの「花ざかりの君たちへ」で小栗くんの弟役をやっていたのですが、絶対そのうちメジャーになってくるかなって思っています。

?で、大きな役割だったチンピラの片桐拳役のやべきょうすけさん、前回で死んでいなかったっけ?、生きていたんだったけ??(記憶があいまい)と思いましたが、かたぎになり、源治との直接のからみはなかったものの、今回もいい味をだしていました。

あと、お父さん役の岸谷さん、この方はこういうちょっとこわい系の役、ほんとにこわそうで、はまっていますよね。


他に、今をときめく上地雄介くん(一体どれだか、よくわからなかった、それくらいいつものイメージと違う)、
桐谷健太さん(この人、みるもの、みるものすごく印象が違っていて、いまだに私の中ではっきりとした像が結べないでいる。でもこれだけ違うキャラになりきれるんだからうまいんだなとは思います・・・ルーキーズや流星の係長高山ですよね?)、
高岡蒼甫さん(この人が演じている伊崎も男気があって、ステキですよね)と、いろいろな人が出ています。


ただの、不良の喧嘩映画ではなく、人と人との関係性を考えさせてくれる映画だなって思います。


関連記事
スポンサーサイト



2009.04.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/189-f35a3f73