上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日のZIPに斗真くんと吉高ちゃんがでているのをみて、「やだ、もう後編はじまっちゃうの!」
慌てて、今日前編みてきました。


僕等がいた 公式HP


● 「僕等がいた(前編)」
監督 三木孝浩
出演 生田斗真・吉高由里子・高岡蒼甫・本刈屋ユイカ・小松彩夏


原作は未読です。
(でも、これ原作すごくいいんだろうなぁって思いました)

とってもよかったです!

何がよかったって、ストーリーとしてはすごくベタだと思うんですよね。

矢野@生田斗真がほんとに、文字通り、少女漫画にでてくるかっこいい子で、
高橋@吉高由里子が、健気で可愛くて。
竹内@高岡蒼甫が、ほんとにいいやつで。

ものすごくベタなんだけど、でもそのベタだけどキュンキュンくる世界観を、いちいちツボにはまる感じで見せてくれていて、久しぶりに素直に青春の甘酸っぱいキュンキュン感を気持ちよく堪能した感じ。

もう、久しぶりに、だーい好き(#^.^#)って思える斗真だったww

一緒に行った友達は、斗真くんと高岡さんの高校生はさすがにムリがあると言っていたけれど、まぁもともと実年齢知ってて私的にはそれ前提でみてるから、まぁまだギリいけるじゃないと思ってしまったw

でも、さすがに斗真くんもこの手の高校生からひっぱるような青春映画の主役は、もうそろそろラストチャンスかもしれないから、その意味でも、こんなにかっこいい斗真くんを綺麗な映像で残してくれてありがとう!な気持ちでした。

セリフも結構よかったなって思います。

きっと、原作、そして脚本(吉田智子さん)もよかったんだろうなって思いました。

釧路舞台の映像もきれいだった。
(釧路って、もっと霧が多くてどんよりした感じなのかなって思っていたんだけど ←偏見ですね。すみません)

あと、ミスチルの主題歌も、切なさを加速させる感じでよかったわ。


後編みるのが楽しみです。














関連記事
スポンサーサイト
2012.04.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1915-39daff53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。