上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相葉ちゃんのドラマが始まるちょっと前から読み始めた三毛猫シリーズ。

赤川次郎さんも、三毛猫シリーズももちろん名前は以前から聞いたことがあったけれど、実は1回も読んだことがなかったんです。
(赤川次郎さんの他の作品も)

今更かなぁとは思ったけれど、でもいいチャンスかもと思って、ドラマのタイトルともなっているシリーズ最初の「三毛猫ホームズの推理」からトライ

三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))
(1984/04)
赤川 次郎

商品詳細を見る



●「三毛猫ホームズの推理」 赤川次郎  角川文庫

ドラマでいうとちょうど第1話の話。
正直、予想以上に面白かった。軽く読めるものだけど、それなりに面白い。
ドラマでは、先に繋げるためと煩雑さを避けるため、かなりの部分のエピソードを割愛して、一部の設定とトリックの部分を使っていたけれど、女子大側の人間関係も警察側の人間関係も実はもっといろいろあって面白く読めました。

それで、他の物の読んでみたいなぁと思ったけれど、何しろ何冊も出てるし、次どれ読むべきなのかもよくわからなくて、図書館に行った時、探しみて書庫にあったのが、たまたまこれ。
「三毛猫ホームズの<卒業>」


三毛猫ホームズの「卒業」 (角川文庫)三毛猫ホームズの「卒業」 (角川文庫)
(2002/05)
赤川 次郎

商品詳細を見る


●「三毛猫ホームズの<卒業>」  赤川次郎   角川文庫

これは、短篇集なんですね。
そして、石津くんが片山兄妹と、常に一緒に行動している
「推理」では出てきてなかったからね。
(ググって見たら、どうやら第2作から登場なんですね)

短編で読みやすいし、短編だからそんなに事件の内容が凝っているわけではないけれど、でもトリックと同時に人間模様が組み込まれていて面白く読める。

今後もチョコチョコ読んでみてもいいなぁという感じです。
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1937-089165b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。