上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日読み終わったのは、この本!

音楽ビジネス革命?残響レコードの挑戦?音楽ビジネス革命?残響レコードの挑戦?
(2010/05/25)
河野章宏(残響レコード社長/te\'ギタリスト)

商品詳細を見る


● 「音楽ビジネス革命 残響レコードの挑戦」 河野章宏  ヤマハミュージックメディア

2号が借りてきた本でそれに便乗しました。
残響レコードって、もちろん説明するまでもないのかもしれないのですが
9mm Parabellum BulletやPeople In The Boxを出しているレーベル。

2号は、9ミリはそれほどではないけれど、People In The Boxが好きで残響レーベルのアーティストがかなりお気に入り。
(私自身は、彼が聞いているのをちょこっと聞くくらいなのですが)

以前から、彼の話をいろいろ漏れ聞くなかで、ちょっとこのレーベルが印象に残っていたんですよね。

それで便乗して読んでみた。

それで、何が面白かったって、2号の残響へのハマり方が、河野さんって、この残響の社長さんが意図したとおりだったところ。

この方はもともとteというグループのギタリストでもあるんですが、このレーベルを立ち上げるにあたって、自分が良いと思うもので残響の路線に合致するものを、セレクトしてこのレーベルから出していっている。
だから、あるバンドが好きになって、じゃぁ他の残響のアーティストもきいてみたら好みにあうんじゃないかという形で広がるようなセレクションになっているらしい。そして、2号の広げ方がまさにそのとおりなんですよね。
残響のは好きなのが多いから、とりあえず聞いてみよう的な・・
残響主催のフェスとかにも行きたいって言っているし。

そして、複数のバンドがでるライブでまた新たなお気に入りのバンドをみつけて広がっていく、そんな聞き方もこの河野さんが意図したところで、それにもすっぽりはまっている。

でも、息子には言わなかったけどww、ジャニもある意味似たような感じがあるかもってちょっと思った。
ジャニーズ事務所っていうことでイメージできる感じとか、保証されてる面白さってあると思うんだけど(コンサートの楽しさとかね)これもまたレーベルではないけれど、ジャニさんという一人のカリスマの感性にひっかかった子だけが残っていっているんだものね。

簡単に読めるし、音楽業界の今の状況を考えるビジネス書としても面白いんじゃないかと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
2012.05.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1949-ec18739b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。