上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ようやく、「シレンとラギ」観に行ってきました。
面白かった~


●「シレンとラギ」
場所: 青山劇場
作 : 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 藤原竜也 永作博美 高橋克実 古田新太 橋本じゅん













観に行った方の感想を目にすると、とにかく「克実さんがかっこよかった!」っていうご意見が目立っていて、
かなり期待値を上げて行ったんですが、その期待を上回るかっこよさでした。(こんな克実さん、見たことない)
いや、もちろん役なんですが、迫力があってぐいぐい引き込まれる(危うく惚れそうになるところで 笑)

永作さんも、キュートな可愛さとかっこよさが共存していて、永作さんらしいシレン

新太さんのキョウゴクは、最初こそ人格者っぽいまじめな武将だったのが、どんどん裏が見えて冷徹な男に変貌していってやっぱり最後は、古田新太ここにあり!って感じのキレのある存在感

そして橋本じゅんさん@ダイナンと新太さんのかけあいが面白すぎる。もちろん、キャラとしてなんだけどでもあまりに阿吽の呼吸の掛け合いが楽しすぎるw

もちろん、その他新感線メンバー(高田聖子さんや粟根まことさんやら)のふりきった芝居にも笑いました。


そして、主演に触れなきゃね。
藤原竜也さん、もちろんかっこいいし、ラギは見ごたえのある役でした。
(でも、席が後方だったこともあるんだけど)なんか顔の細部がみえず立ち姿と声と演技とでみてると一瞬小栗くんがふっとうかんでしまうのはなぜ?w
(藤原くんファンの方ほんとにごめんなさい)
別に顔がにているわけでもない。
でも、ああいう主役のかっこいい役を演じる時、なんかフッと印象が重なるんですよね。(どこなんだろうか)


シレンとラギの物語
特に事前勉強なしに行ったのですが、いのうえ歌舞伎はやっぱり面白い。

起伏のあるでもある種分かりやすいストーリーを、スピード感をもってぐいぐい引っ張っていく。
随所に下ネタや時事ネタ含むな笑いをちりばめて。

そして美術の美しさ、殺陣の美しさとか動きでもどんどんみせていく。

それぞれの役者の見せ場もちゃーんと用意されている。

歌舞伎と銘打つのがよくわかる。



今回は、権力抗争と隣国との戦いの物語かと見せて、実は近親相姦や、殺し屋としてしか生きられない一族に生まれたシレンの愛の形が根底のテーマになっている。
ストーリーも、思いもかけない方にどんどん展開していくのでほんとに面白かったです。







関連記事
スポンサーサイト
2012.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1976-75bba77e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。