上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
24Hは、ニノドラマと未来の自分への言葉の感想はかきましたが、その他、自分の覚書です。

まず書き留めておきたいのは、北斗さんのマラソン完走後、番組最後での仕事師櫻井翔の目つきやら動きやらについて
(大体、ニノドラマと5人に未来への言葉の次に書き留めておきたいことがこれだっていうのも、自分でもどうかと思うがそうなんだから仕方ない)

まず、佐々木北斗ファミリーにバードが話しかける横ですぐにマイクを差し出せるようぴったりよりそう
(鈴江さんも下から、そして徳さんがちょっと前を遮る形でワサワサしていた←やっぱり、あの場面で引いてることって、長年の習慣からもむずかしいんだろうね)
そして、目はスタッフからの指示やら、次にむけての舞台上のあれやこれやを見る鋭い視線。
完全にビジネスモード

そして、「翔くん一言」と言われ、すかさず、まず大野さんにコメントをするよう合図し、次にコメント。

ガッキーのコメントの時には多分端の方にいたであろうガッキーを呼ぶ。

そして、テンパるバードがふるべき人にコメントをふったのを見届けると、いつのまにか風っ子たちの後ろに移動。(大野さんもいつのまにか翔さんの横に移動していて、最後は嵐5人ちんまり固まっていた←こういうところが好き)

もうこの最後の一連の動き、目つき、メインパーソナリティなんだけど、全体を見渡しながら、テンパるバードのフォローに回る様子にホント胸キュンです。

番協入った方のレポにもありましたが、今回たくさんいらしたオリンピック選手の方々にもCM中とか話しかけていた模様。
オリンピック選手だって、テレビ慣れしているわけじゃないから緊張するよね。見知った翔さんが、話しかけて緊張ほぐしてくれたら良いよね。


あと、潤くんの吹奏楽の企画もよかった。
私、吹奏楽ではないけれど、高校時代音楽系の部活だったから、指揮者の重大さとか、難しさもある程度わかっているつもり。
指揮って難しい。
カウントをとるということもあるけれど、各楽器の譜面が全部頭に入った上で、どう振るかっていうことになるわけだし。
ホントにプレッシャーだろうし、一生懸命練習したんだと思うけれど、最後あんなに演奏者をしっかりみわたしながら、そして楽しそうにパワーあふれる演奏ができたのはすごいなぁって思った。

佐渡さんが、本気のご指導してくださっていう様子も出ていて(潤くんも、すごく真摯に頑張っていた)、その佐渡さんが涙を流しながら見守り、良い出来栄えにすごく興奮した様子をみせてくださっていたことに、胸打たれました。



あと、何がよかったって5人のダーツの旅がよかった。やっぱり嵐さんと一般人の絡みは面白い。


もちろん、マイケルダンスでの智くんのムーンウオークも良かったし、ダンスは軽々と踊っていてステキ
ポールダンスも楽しかったね。



あ、あと最長のスーパーヒットメドレー。

メドレーだからね、ビリーブのラップがなかったよ(泣)とか
日テレ、カメラワークをもう少しどうにかしてほしいとか(ダンスは基本引きで見せて欲しい)

いろいろ不満はないわけではないが、最高にキラキラしていて踊る姿も見れたし満足ですよ。

A・RA・SHIのラップのあとのしょさんの頬ふくらませるドヤもみれたしねw


<追記>

大事なことを書き漏らしていた。

ジ・アルフィーの時のにのみあさん。

高見沢さんが、ニノに一緒にコラボしようと誘って、ほんとに焦るにのみあさん。
(にのみの焦る様子はいつでも大好物です)
そして、横でけしかけるJとちょっと心配そうに見守る兄3人

うまくいったら、ご褒美にギターがもらえるっていうところで俄然やる気をみせるにのみあさん。


あと、実際にコラボがはじまって、一生懸命譜面おいつつ弾くところもかっこよかったし、
ガチで真剣に、それでいてちょっと照れつつやっている様子がみれてホントにありがとうでした。
(高見沢さん、感謝です!)

そして、ずっと暖かな眼差しを向けつつプレイしていた坂崎さんの様子も嬉しかった。

しやがれとかで、がっちり絡んだことが、こんなふうに繋がっていくのは嬉しいですね。





関連記事
スポンサーサイト
2012.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2021-4cd66e5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。