上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう、ネタが古くて申し訳ない。
書きたいと思っているけれど、いろいろかけていないことが多すぎる。

先週、

ニノミの上半身裸のメインビジュアルとキャストの追加の発表がありまして・・・・
フライヤーとかポスターもまずはこのビジュアルでいくんですよね。dkdk
こちらオープンになった公式サイトで何度でもみれるよ。
「プラチナデータ」公式サイト

予告編も公開になっている。途中「プラチナデータ」ってワントーン低い囁くような声にdkdkしちゃうんだけどww

公開は2013年3月16日東宝系

そして、キャストについては、こちらをどうぞ
マイナビニュース
映画.com

神楽龍平 二宮和也
浅間玲司 豊川悦司

この2人しか公式には発表されてなかったと思うんですが、

その他
水上江利子 遺伝子研究の世界的権威 蓼科兄妹の主治医が原作の男性設定から女性に変わって  鈴木保奈美
志賀孝志  神楽の上司にあたる特殊解析研究所所長                     生瀬勝久
白鳥里沙  アメリカからくる特殊解析研究所の解析員                    杏
蓼科早樹  天才数学者                                  水原希子

が新キャストとして発表に。    
誰が楽しみって、蓼科早樹の水原希子ちゃん。ノルウエィの森でも、ヘルタースケルターでも結構存在感を見せてくれていただけに、透明感あふれる希子ちゃんでどんなふうになるのか楽しみです。
まぁ、生瀬さんとかは鉄板だろうし、杏ちゃんもなんかイメージできるほど役の感じとあってそう。


そして、もう発売からはや1ヶ月弱たとうとしていますが・・・・・

2012.11月号のCUTは、初出の「プラチナデータ」のグラビア&インタビュー(ニノ&大友監督)

これ内容がすごくよくて、すぐに買って途中までブログも書きかけていたんだけどいろいろあって中断して放置してあったので、完成させてここにくっつけてアップしますね。

それではCUTについては続きに


Cut (カット) 2012年 11月号 [雑誌]Cut (カット) 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/10/19)
不明

商品詳細を見る



プラチナデータ、写真もインタビューも両方よかったよ。
っていうか、私はこれから公開までの雑誌祭りが怖くなったよ(笑)

翔ちゃんの時(特に映画)の時はどうしても、買うものが増えちゃうけれど(また、翔ちゃんの宣伝活動かなり徹底してるからね)でも、実はニノの時も翔ちゃんほどじゃないけれど結構スルーできない私。
(ガンツの時もそうでした)




テキストについては、まずは、大友監督のにのについての話から。

大友監督もだけれど、にの自身がこの現場をとっても刺激を受けつつ楽しんで過ごしたんだろうなっていうことが伝わってくる。

お互いにいくつもの演技プランをだしあいつつ、
「結論を出すための話し合いじゃなくて着地させるヒントになることを必死で探してるんだと思うよ」
「作るっていうことってそんなに簡単に決まることじゃないって思っていることに、リスペクトを感じる」
「で、現場に入った時に『でもこれでやろう。やるならやるよ。俺は』っていうスパーンとしたところと。その両方の立ち位置がすごく訓練されていると思う。自分で言うのもなんですけど、僕も10パターンくらいは演出で言うと考えている。でも二宮くんに関しては全然違うボールを2回感じたね。今までの自分のキャリアでいっても、こういうボールを投げてきた奴はいないってボールを2回ぐらい感じた。(後略)」

もうね、ニノも大友さんもきっとすごくお互い刺激を感じながらボールのやりとりをしていたんだろうなって。
どの部分かなぁって、今から公開が楽しみで仕方がない・・・


ニノのインタビューの中でも、引っかかる言葉がいくつもあった。

自分が主要キャストででている原作ものの場合
「その原作の先生に見てもらった時に、『あぁこういう話だったのか』って思ってもらうっていうのが一番ですね(中略)それがないなら再現VTRでいいとおもってるので」
原作者に、こういう話だったのかって思わせるってすごいことだよね。
でも、そういうものにできあがったものは原作ものでも面白いってすごく共感できる。
再現VTRじゃ、最良のものは原作しかありえないけれど、そこから映像化するからこその視点だったり見せ方だったり解釈だったりがあるから、見ようって思えるんだものね。

「あとは、特に映画とかお芝居とかは有料なんで、それに見合ったものをちゃんと作んなきゃという思いはあります」
これは、すごくニノらしいなぁと思う発言。
ニノの中には、優劣の差はないけれど、同じ演技仕事の中でも、ドラマ、映画、舞台、音楽でもテレビでのパフォーマンスとコンサート、みている対象がそれぞれ違っているから、それぞれの設定イメージの到達点も違うんだろうなぁ。



公開まであと4ヶ月ちょっと。
楽しみで楽しみで仕方ない(*゚▽゚*)






関連記事
スポンサーサイト
2012.11.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2043-316302e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。