上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
智くんの「ARASHI DISCOVERY」が開始から10周年ということで、今週は栗原さんとの船上トークを流しています。

10/25のお題は、「大野智にとって嵐とは」ということだったんですが、
朝から聞いていて思わずうるうるきてしまう印象深い内容だったので、自分メモに
(逐語起こしではありません、あしからず)


(栗)大野智にとって嵐とは?

「わかりやすく言ったら、家族でもない、友達でもない、仕事仲間でも、もうないんですよ。
もう1個の枠ができたっていう感じ。だから普通の人には味わえないじゃないですか。グループで何十年もいるって。だから、自分の中で1個「嵐」っていう枠がある。最初の頃は仕事仲間っていうのがあったんだけど、もうここまできたら仕事仲間でもないなぁって。」


(栗)それって、メンバーの全てを知り尽くしてるってことじゃないんですか?

「まぁ、細かいとこまで知り尽くしてるってことじゃないけれど、5人でいるっていうのが離れることはないっていうか、離れる選択肢はないっていうか、もう運命共同体って感覚。(この先の変更とかも)一切ない感じ。なんか不思議な感じ。」


(栗)嵐っていうものが1大きくなってきたじゃないですか?これに関しては、大きくした、大きくなっちゃった、大きくしてもらった どんな感じですか?

「大きくしてもらった」と「なっちゃった」じゃないですか。
「いきなりなった感じがしますよ」

「ファンの子と周りの人達が持ち上げてくれてる感じ」
「ここ2.3年ずっと地に足がついてない感じ、夢見てるような感じですよ」
「ホントわけわかんない」


(栗)じゃぁ宙に浮いてるこの感じのままで私たちを楽しませて欲しいですよ
「じゃぁ、ずっと浮いときますわ」


何よりも、嵐5人運命共同体で、離れる選択肢はない。そう智くんは思っている、その気持ちを聞けたことが嬉しかったです。
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2047-a30d533b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。