上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今朝、起きてついをあけたら「ひみあら終了」の文字にびっくり。

3月で終了して、4月からは翔ちゃんと有吉さん2人のトークバラエティ「FACE TV(仮)」になるとか。
MSN→

まぁ、細かく視聴率を全部確認したわけではありませんが、ひみあらは10%前後、10パー切ることもあって視聴率的には決して良いとは言えない。
でも、それでもリニューアルを繰り返し、迷走を繰り返しながらも、結構ミラクルヒットもあって(ファンにとってはね)やっぱり寂しいの一言。
でも、これについてはまた後日に改めたいと思います。(翔ちゃん新番組についても)

今日感じたのは、やっぱりこれも変化の流れの一つのなのかなと。

なんか今年後半、顕著に、嵐さん達の意思を感じるんですよね(いや、もちろん結構思い込みだとは思っていますがww)
みんなそれぞれいろいろに発しているけれど、特に翔潤がスポークスマン的に語っているように思う。

そもそも、今年の春、なんかのインタビューで「変化をおそれない」「変わっていく」的なことを言っていて、BWの流れから次がどうくるのか若干ドキドキしながら見守る気持ちだったところへの発言ですごくその言葉に期待が高まったんですよね。

そして、後半アラフェスがきてポプコンツアー。
ここで見せてくれているもので、この2012あたりを一つの節目に次のステージに向かうべく作り上げてきてくれているんだなぁっていうことは、十分感じられていたんですが、ダメ押しでww翔ちゃんがちゃんと言葉にしてくれている。

日経エンタテイメント(2013.1月号、櫻井さん単独インタビューより)
「(2012年は)グループとしては、意味も収穫も大きかったですよ。(中略)今までは国立を含む大きなツアーはワンツアーだったから、アルバムのツアーとは銘打っていても、アルバムの曲をやりつつ初めて来るお客さんも喜ぶように、いつものシングルも構成して、いわば中間をとってたんです。そうなると今、自分たちが提示したいものが相対的に薄れてしまう。
それが、「アラフェス」をやったことによって、”ファンの人が求めるファンの人が見たい嵐”を一つ確立出来たと思っているんです。だから、ドームツアーはある意味「メンバーのやりたいものをやらせてもらいますよ」って。
これまで、現状維持ってところに努めてきたんだけど、そこから半歩くらい前に出ることができた感じです。自分たちが今見せたいものはこれです、っていうツアーは久しぶりなんですよ。それがドームでできる」


10周年のイベントあり、またその頃を中心に爆発的なファンの増加に対応しようといろいろやっていたけど、ここらでもう一度嵐はちゃんとしっかりアルバムツアーをやってファンと共有出来る場所をきっちり作っていこうとしてくれているのかなって、とっても感じる。
そしてそこで作り上げる嵐コンは、ファンが一緒に参加して(一緒にコルレスしたりしてね)一緒に作り上げる空間なんだよっていうことを、嵐さんの側からいろいろに発信してきてくれているって感じるんですよね。

コンサートに参加していてそういう気持ちがすごく感じていたから、
翔ちゃんが今年を表す字として「輪」という字を上げていて本来は、日経エンタにあったように
(2012年を表す漢字について)
「輪」かな。(中略)ワクワク学校で・・・・・参加した人たちみんなが手をつなげているっていうか、東京・大阪に来てくれた人たちが僕らを介して、宮城・福島の人たちに思いをつなげて届けてる感じがした(後略)」

という意味であげたんだろうけれど、
「めざましどようび」のぽぷこん取材の中で
「五輪の輪という字なんですけれども、ファンの人達からファンの人達へ橋をわたせたかなと」
と言っているのをきいて、昔からのファンの人たちから新しいファンの人たちへ、嵐コンって本来こんな感じなんだよっていうエッセンスを伝播させる橋渡し役を翔ちゃんが担ったんだよ、って言っているようにとってしまった。(かなりの思い込みだとは思っていますが)

そして、話がぐるっと1週して「ひみあら終了」について。
もちろん、プライムタイムの冠番組がなくなることは残念なんだけど、そこで空く時間によって
嵐さん達がツアーに傾けることができる時間が増えるのならばいいなって思ってしまった(超前向き)
潤くんはもちろんだけど、今回のように智くんもまた振り付けをしてくれてそれを通してコンの構成にかかわってくれたりね。

そして、それがコンの最後の挨拶で「来年はもっとみんなに会える時間をつくる」って言っていたニノの言葉につながるならば、レギュラーが一つなくなることも、それは良い意味で身軽になれることかなって思ってしまった。


(といいつつも、ひみあらにはいろいろ思い出も多いのでまたそれは改めて)
関連記事
スポンサーサイト
2012.12.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2076-a35b63e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。