上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さてさて、昨日の紅白、とりあえずざっくりとですが、感想です。
あまり途中飽きることなく楽しい紅白でした。

まず、パフォーマンスが良かった!
嵐さん出番としては、ディズニーとのコラボステージ、ふるさと、そして本来の出番と3ヶ所あったわけですが。

まずは、ワイハ~フェイスダウンとやったメドレーがよかった。
翔ちゃん、ダンスすごいキレッキレで踊ってたよね、気合が感じられた。
それに、4年目にしてのサクラップ!ここもよかった。
あと、途中ラップのあとにアクセントダンスが挟み込まれてそこが一番メインでやっていたARっていうんですか、

NHKアカによると
嵐のパフォーマンスでは「リアルタイムARシステム」という最新技術が用いられています。ARとは、拡張現実のこと。嵐のメンバーのその場の動きに合わせ、現実ではありえないイメージがリアルタイムでCG合成されています
というものらしい。

あんまり小細工しないで、嵐のダンスをそのまま見せてって思ったりしちゃうんですが、
ダンスを引き立てるCGになっているっていうのかな、やっぱり彼らの動きに技術があわせているからでしょうか。
よかったなぁって思います。

衣装も両方よかったしね。(ワイハは可愛かったし、フェイスダウンはかっこよかった)


あ、衣装といえば・・・

ふるさと・・・あれはどうなんだろうか(笑)

直後、森永牛乳だとかローソンだとか富士山だとか散々ツイで出回って大笑いしちゃったんですが。
おもでたい感はそこはかとなく感じるが、どうなんだろうか・・・。

ま、衣装はおいておいて、生歌だしよかったなぁ
(絶対そんなに心配することないし、テレビでの生歌率増やせばいいのになぁって思います)
新たな歌詞も加わってましたね。

でも、それぞれが日野原先生や草間さんやと対談した内容があのコメントの中だけで終わるのはあまりにももったいない。
NHKさま、ぜひぜひインタビューを見せてくれる番組を別途流してくださると嬉しいなって思います。
それぞれの方とどういう感じでお話させていただいたのか、その様子を是非見たいって思うので、切に切にお願いいたします。

ディズニーコラボは、相変わらずの可愛さでした。
他の出演者の方たちもたくさん出てすごく賑やかで楽しい感じでしたね。



そして、今年3回目のなった司会。
なんかさすがリラックス感もありつつ安定感があったなぁ。
堀北真希ちゃんも、すごくおちついて良い感じでしたよね。

それに、さすが3回目でスタッフの方たちともコミュニケーションがよくとれているし、スタッフの方たちの方でも嵐の活かし方がよくわかってきているんだと思う。
基本全部台本しっかりのはずだけど、その中でもなんか自由な雰囲気が感じられた。
色々な人への話をふる役割も、スタッフの方もわかっていてくれてるよね。
オリンピック選手中心には翔ちゃん、風間くんと夏菜さんにはニノ、勘九郎さんには潤くんっていうようにね。

あと、今回初出場のエイトとも、すごく親しい感じがでていてなんか嬉しかったわ。
きっと、エイトの方でも緊張する部分があっただろうし、嵐司会は心強かっただろうね。
(嵐の初出場の時、中居くん司会がとっても見守ってくれてる感があって嬉しかったのと同じだよね)


嵐以外の方達も、見応えあって印象残るものがいろいろありました。
たくさん、いろいろあるけれど中でも・・・

美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」
シンプルに作ってあるからこそ、力強さとリアリティがすごく心に響く感じでした。

あと福山さんの中継で、澤瀉屋の猿之助、中車のお二人が口上とさらにフライング(歌舞伎をフライングと言っていいのかわからないけど)まで披露されてたこと(すごい豪華だよね)

そして、今回は白組優勝!
2013にむけてよいスタートが切れたね!








関連記事
スポンサーサイト
2013.01.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2087-0f62cff8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。