上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう、2月になって(もうすでに今年に入って1月が終了しているってびっくりするくらい、時間はどんどんたちますよね)
1月クールのドラマも3~4回を迎えている。

今回は「Last Hope」は始まる前からとっても楽しみだったけれど、他にも結構面白いのが多くてちょこちょこみています。


火9「Last Hope」フジ
相葉雅紀主演 多部未華子 田辺誠一 小池栄子 北村有起哉 小日向文世 高嶋政宏

これは、もう別途1回目が終わったところで書いたけれど、毎回楽しみに面白くみてます。(時間なかったりして、ブログに毎度感想アップしてないけれど)
専門用語の難しさと、あと過去のいろんな場面が交錯するところが難しいという意見も一部目にするけれど、過去がだんだん絡まり合って見えてくる感じがとっても面白い。
毎回毎回の手術やら、難病患者と向き合う場面もしっかり描かれているし。

ふわっとやわらかそうにみえて、実は結構言いたい放題な卓巳先生、こういうキャラいいなぁって思っています。

木10「最高の離婚」フジ
瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛

これ、面白い~、ディティールの面白さ。
筋がどうなっていくのかなとか、結局このまま離婚するのかどうかとか、ぶっちゃけそこはどうでもいいって言えばいい。
瑛太のあのキャラクターとか尾野真千子とのやりとりとか、それぞれの絡みの場面場面とかそこにでてくる言葉とかその状況とかが、笑えて、でも「あるある」「いるいるこう言う奴」って感じで面白い。
綾野剛はやっぱりかっこいいなと再確認(笑)


金ナイトドラマ「信長のシェフ」テレ朝
玉森裕太 志田未来 及川光博

とりあえず初回だけみて脱落するかなと思ったけれど、意外に見てしまっている(笑)
でてくるお料理がかなりわたしにとってポイント高しw


土9 「泣くなはらちゃん」日テレ
長瀬智也 麻生久美子 丸山隆平 忽那汐里 薬師丸ひろ子

これも、ちょっと最初はらちゃんモードで番宣している長瀬くん見て若干引き気味で(笑) 1回見て脱落するかなと思っていたんですが、これ結構いいんですよ。
(役者さんは、麻生久美子さんもまるちゃんもでていて嬉しい)
ものすごく、はらちゃんがピュアでベタなこと言いまくるんだけど、設定がマンガからでてくるというあの非現実があるからこそ、逆に言葉がすごくストレートに伝わってくる。
脚本は岡田恵和さん、すごくらしさが感じられて温かな感じも。
期待したより面白くて、ひょうたんからコマな感じ。


土深夜 「カラマーゾフの兄弟」フジ
市原隼人 斎藤工 林遣都 吉田鋼太郎
原作は高校の頃、読んだと思うけれど(途中で挫折したかもしれない)多分、本質的な部分はそのまま設定だけ変えているんだと思う。
なんか重厚でちょい暗めでドロドロした感じがよいです。
吉田鋼太郎さんの強欲でひどい父親が迫力あって、鋼太郎さんさすがと思ってしまいます。


あとは1月クールではないけれど大河「八重の桜」はみています。
この時代、あまり得意だったり好きな時代ではないけれど、西島さんに引っ張られて(笑)面白く見ています。


とんびは、1回め見逃して、録ろうと思っていた再放送をぽかをやって逃して、それもあって途中からついていくのにモチベーションが上がらず、結局見ていません。
あと、夜行観覧車も評判いいよね。
ただ、結構苦手なパターンの話かなと思って、私は今回はパス

あと、初回だけみて「シェアハウスの恋人」はパス
役者さんみんな好きなんだけど、なんか見続けられる気が起きなくて

大河を抜かして5本ですね。
最終回までみんな続くかしら(あやういのは、信長のシェフwwかな)










関連記事
スポンサーサイト
2013.02.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2112-bec56759

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。