上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
待ちに待った「プラチナデータ」初日初回、生の舞台挨拶は無理だったけど、ライブ中継の舞台挨拶付きの回みてきました。

映画はとにかく面白かったし、神楽もリュウもどちらもほんとによい二宮和也を堪能できるし、一粒で二度も三度も美味しい感じ。
一度目はストーリーを含め全体楽しんで、このあと何度か、パンフやインタビューを読み直して細部を確認しながら見直したいし、ニノだけに浸りながらみる回も作りたいって思えるそんな映画でした。

とにかく映画自体も面白いけれど、ニノ観賞用編集版を作りたくなるほど、神楽もリュウも表情が良い。
逃亡して、後半になればなるほどいろんな感じがみれて引き込まれます。

(映画の内容については、続きに)


●「プラチナデータ」
監督 大友啓史
出演 二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 生瀬勝久 杏 水原希子


そして、終わったあとの舞台挨拶中継。
(登壇者、二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 生瀬勝久 杏 水原希子 大友啓史監督)


まずね、全国72館でライブでこれがみれているっていうこの催し、本当に嬉しいなぁって思った。
もちろん、生で見れれば一番嬉しいけれど、さすがにそうは当たらない。
でも、私はライブで中継してくれたこれでかなり満足です。だって、ちゃんとアップでみられるし、登壇する最初から、写真撮影はける最後まで全部みれる。
WSとかでもとりあげてくれるし、雑誌などでも要旨紹介してくれたりするけど、ちゃんと動いている絵でそれも見終わった同じタイミングでフルでみれるって嬉しかったです。

内容については、取材もはいっていたので、月曜のWSでもでるだろうし、雑誌にもでそうだし、ツイなどにもかなりもうあがってるので、詳しいものをご参照くださいませ。

ニノは、光沢がちょっとあるグレンチェックの短めのジャケットに、襟にビジューがついた白いドレスシャツに黒(チャコール?)ベストとパンツ
可愛かった(映画内の、神楽やリュウとはまたがらっとかわってw)

そして、最初の挨拶で「2代目です」って挨拶したり(この間の完成披露試写会をうけてですよね、そして豊川さんは「初代です」って挨拶)
キャストの方達みんな、特に生瀬さん豊川さんニノの仲良い楽しそうな感じがつたわってきてよかった。

豊川さんはかっこいいですよね。かっこよくて、ちょっと茶目っ気もあって、ニノを見る目も優しくて、やっぱり大人の魅力満載な感じです。

女優陣も、みんな綺麗。
杏ちゃんはキャラ好きだし(結構サバサバ系だよね)、水原希子ちゃんの透明感はいつもしみじみ可愛いなと思っていて今日も変わらず可愛かった。



それでは、まだ初日なので映画感想は、続きに。少し下げます。






ちょっと、下げます。













相変わらず、原作読んでちょっと間があったので、良い具合に忘れているんですが。

原作から、結構変えていたよね。
そして、変えて私はむしろ映画版の方が好きだなぁって思えた。


原作は、もっと父との関わり合いとか映画では割愛された逃亡先の芸術家集団との関わりとかそいううものとの対比でコピーとオリジナルとかDNAですべてが規定されてしまうのかとか、手を描くことの意味とかを強く出していたきがするけれど、映画版の方は、水上を女性に変えたことがポイントで(これは、大友監督もなんかのインタビューで言っていたけれど、実際に見てこの意味合いは大きかった)
彼女のもつ母性とその母性の行方と、それに対する神楽やリュウの感情のあり方が加わることですごく人間ドラマとしての深みが出てきていたように思う。


水上@鈴木保奈美とリュウ@二宮和也の最後の場面とか、浅間@豊川悦司が神楽@二宮和也(ここは、ほんとに神楽だったかは確認に必要有り)から銃をとりあげるシーンとかほんとにグッときた(いつの間にか泣いていたし)


あと、神楽としてリュウとしてのニノの表情の変化にはほんとに見入ってしまった。
確かにドラスティックに人格が入れ替わらないからこそ、説得力を感じる部分がある。
そして、またその表情がいいんだよね。


アクションも、これスタントなしでやってるってすごいよねって思える。ほんとにすごかった(よく怪我せずやってるなぁって)


パンフレットを読み込んで、インタビュー記事も読み直して、2度3度見直したいそう感じる映画でした。




あと、エンドロールで流れるブレスレス♪

どうかなぁって思ったけれど、最後にあれが流れるとなんか切なさがこみあげてきてよかったよ。
改めて聞くと、映画の世界観に沿った歌詞になってるなって素直に入ってくる感じだった。






最後におまけ。

予告の一番最初に、謎D流れました。
東宝さんアカが予告してたから流れるとは思っていたけれど、そして影山だけど(←「だけど」ってなんだwww)
やっぱり、大画面でみせていただくとテンションあがる、
思わずニヨニヨがとまらなかった。


謎Dの公開の時も、舞台挨拶中継やってくれたら嬉しいのになって思いました。
東宝さん配給ですよね。
何卒よろしくお願いいたします。







関連記事
スポンサーサイト
2013.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2134-6c843736

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。