上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
上野の東京都美術館でやっている「エル・グレコ展」にいってきました。

●「エル・グレコ展」東京都美術館 2013.1/19~4/7




エル・グレコは、私にとって結構思い出深い画家のひとり。
それこそ小学生の頃、たまたま家族旅行の先で行った倉敷の大原美術館で、エル・グレコの「受胎告知」にであって当時はもちろん美術館も初体験くらいだったと思うけれど、すごくインパクトがあって私の中で西洋絵画=エル・グレコっていう図式が出来てしまったくらいだった。

その後、大学の卒業旅行や新婚旅行でスペインに行った時、マドリードでもトレドでも山ほどエル・グレコをみたなぁって思い出します。

そして、ひさびさのエル・グレコ



今まで接してきたのは、ほとんど宗教画だったし、絵はたくさん見ていても、エル・グレコ本人について知る機会はあまりなかったので、若い頃から晩年までを俯瞰し、宗教画だけでなく肖像画なども紹介しているこの展覧会はかなり興味深かったです。

改めて、エル・グレコって16世紀~17世紀にかけての人なんですよね。
独特な感じがあるし、美術史の中で位置づけて考えたことがあまりなかったけれどティッツィアーノの工房のいたりして影響を受けたりしているんですね。

あと、ほぼ同時代を生きた人としては、カラバッジョとかルーベンスとか(パトラッシュのルーベンスだよ)

エル・グレコの宗教画だけみているとこのへんと同時代っていう印象が薄かった(もう少し時代が後な印象があった)
でも肖像画とかをみると、あ、この時代なんだなって感じられたりごく初期のものは全然作風も違うのにびっくりしたり。


あと、聖衣の濃い赤の独特の色合いが印象的なエル・グレコですが、あらためてフォルムや形の取り方(こういうのを専門的になんというのかわかんないけれど)が特徴的なんだなって感じた。
あと、後年は宗教画を描くだけでなく、建築に興味をもったり、絵を飾る祭壇の設計なども手がけていたと知って、聖なる空間をどう感じさせるか等を考えていたのかなぁって思った。

そう思うと、宗教画の中にみられる現実と空想部分をどう共存させて描き分けるのかとかも面白いなぁと思いながらみることができました。







関連記事
スポンサーサイト
2013.03.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2136-20fd99dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。