上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「図書館戦争」みてきました!

●「図書館戦争」
監督 佐藤信介
原作 有川浩
出演 岡田准一 榮倉奈々 田中圭 栗山千明 橋本じゅん 福士蒼汰 石坂浩二

公式サイト

いやぁ、岡田氏のアクションはやっぱりすごい!

何はさておき、まずはそこですよね。
訓練の場や戦闘場面などなど、これおそらくスタントなしですよね。

SPもあれはあれですごかったんだけど、今回の方が連続技+泥臭く攻めてきてる感じww?
やっぱり格闘技系趣味でいろいろ自分でもやっているだけある。
スピード感があって、なんか一つ一つの動きに重さというかパワーを感じる
(身のこなしが重いんではなくて、技の1つ1つが軽くないっていう意味です)


そして、堂上教官@岡田准一と郁@榮倉奈々の2人がとってもよい。キュンキュンするよwww

自分を助けてくれた図書隊員が誰だかわかっていない郁が、王子様といってハートマークたっぷりにどんだけ素晴らしいのかを堂上教官にむかって話す場面が何箇所かあるんだけど、それに対して微妙に照れつつごまかしつつポーカーフェイスで対応しようとする堂上が可愛くて!

郁が、堂上を「チビ」呼びするところとかもよいし・・・
(先日来、嵐の番組にでている岡田氏をみていて、こんなに岡田くんって小柄だったんだって改めて思っていて、
身長ググってみたら、岡田氏も奈々ちゃんも170cmだった。
これ、絶対違うよねwww、岡田くん、ニノと同じくらいかなって思ったし、翔ちゃんより結構低かったし、映画の中でそう見せているのもあると思うけれど、奈々ちゃんの方が圧倒的に大きかったし)


この映画、キャスティングがとってもいいですよね。
岡田くんと奈々ちゃんも、はまっていると思うし
栗山千明の柴崎もいい感じだなぁって思った。(柴崎結構好きなんですよね)

原作も第1部は読んできますが、原作もキャラがたっていたのが面白かったきがする。
最後、郁が堂上た王子様だったことに気づいたところで終わったし、
続編出来そうな感じですよね。


そして、ちょっとテーマについて

これ自体は、エンターテイメントで描かれていますが、
言論の自由が規制されるって怖いことだなって、映画の面白さに惹かれながら感じます。

デフォルメされて描かれているけれど、
いろいろな規制、または自粛っていうのは実際存在する。
そして一番怖いのは、規制されて、そのコントロールされた囲いの中だけですごしていてそれが当たり前になって何の疑問も抱かなかったりすること(まぁ、逆説的に、知らないければある意味幸せなのかもしれないけれど)

大衆は熱しやすく冷めやすく。
何かがどこかで進行していっても、まさかそれが自分にどう関わってくるのかを、把握しないまま流されていくことが多い。

架空の物語と笑っていられないんですよね。たぶん。








関連記事
スポンサーサイト
2013.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2167-a69a50a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。