上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
家族ゲームも第5話

もう中盤、そろそろ折り返しくらい?と思うと寂しい・・・

だって、毎回ドキドキしながらみていて毎週がとっても楽しみで。この至福の時間もあと1ヶ月ちょっとと思うと・・・・涙


いやぁ、慎一くん、いいねぇ~
あの壊れっぷりが。どんどんドツボにはまっていって、表情が追い詰められていく。
(神木くん、うまいよ)

そして、吉本の縦横無尽っぷりも、ますます拍車がかかって、いいねぇ~


あの廃校での、吉本、マキ、慎一の3者の対決場面
吉本の狂気の表情にドキドキした。

でも、この場面といい、前半にでてきた廃校での夜中の授業といい、過激な物言いではあるけれど、
吉本の言っていることがあまりに的を射すぎている。
ふだんから関心を持って向き合っていないからうわべだけのことしか言えない父親と
愛情のかける方向性を見失って、危険なもの傷つくことからすべて遠ざける母親
そしてそこから生まれるのは、想像力に欠けるモンスター

想像力があるということは、相手を思いやれること。

すごく大切なことって、これはホントに子どもを育てる上で痛感していることなので、吉本に共感です。


そして、今日はほっこりする場面も多かった。
まずは、茂之がさくらちゃんから傷つけられた気持ちを自分の中で消化して乗り越えてばねにして、成績もあげて、園ちゃんとの友情も芽生えたこと。
吉本せんせの荒療治が、茂之のことを着実に成長させている!

そして、吉本がさくらちゃんに報酬を渡すところの会話もほっこり
あのさくらちゃんが、なかなかに男前で!吉本もすごく温かく対していたしね。




しかし、結局マキは吉本とぐるではなかったということなのね・・・・・う~ん


来週はなんかストーリー関係なく、目を奪われてしまいそうな場面もたくさんだよね。
(確実に、サービスカット満載ですね)


来週が早く来て欲しいし、
でも次が来てどんどん終わりに近づくのも寂しいし、
ちょっと複雑




関連記事
スポンサーサイト
2013.05.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2176-7cf56c47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。