上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
木曜日、大阪で仕事で、金曜日はお休みにできたので、1日久しぶりの京都を楽しんできました。

今回、せっかく京都に行くし、若冲をみたいっていうのと、緑がきれいな季節だからお庭を楽しみたいなぁと思っていて。
さらには、嵐友さん達とも会えることになったので、お昼ご一緒してその後お茶含めさんざん喋ってまいりました。
楽しかったよ~。


まず若冲!と思ってまずは細見美術館に。
ここは若冲のコレクションも充実しているはずだからと思って、かなり期待して行ったんですが・・・・ガーン
ちゃんとリサーチしていかなかった私が悪いんですが、ここは常設展がないんですね、毎回企画展のみ。今は「祈りと飾り」というテーマでやっていて要は若冲の展示はなかったんんですよね。
美術館自体はこじんまりとしすごく素敵な建物ではあったし、掛け軸とかここのところ日本画に興味ありなので良かったけれど、何しろ若冲みたい一心だったので地味にショック。
受付のお姉さんに、今市内で若冲が見れるところはありますかと聞いたところ、相国寺承天閣美術館の常設展示ではみれるとのこと。友達との待ち合わせの時間もあったし、どうするかかなり心が揺れましたが、生若冲を見たい気持ちがすごく高まっていたので、タクシーで承天閣美術館に。点数は2点のみでしたが、めでたくご対面してきました!
ご対面できたのは、
「鹿苑寺大書院障壁画 葡萄小禽図床貼付」
「鹿苑寺大書院障壁画 月夜芭蕉図床貼付
の2点
2点とも重要文化財に指定されているもので、以前の智くんのBSの若冲の特集番組の時も紹介されていたものです。
水墨画のものですが、モダンさといい、惹きつけられます。
ちなみに、こちらの美術館では、6月に入って若冲の企画展があるようで、時期がもう少しずれていればとかなり残念。まぁでも、生若冲も拝めたことだし、良しとしなきゃだよね。

次に、青蓮院に。
ちなみに、「大奥」でニノが聴き香をしていたお部屋があります。

しかし、ほんとに素敵なお庭でした。
ちょうど、撮影があったこの部屋の縁側からみえる風景がほんとに素敵で。
こちら↓


なんかね、時間さえあれば何時間でもお庭を見ていられる気分


青蓮院のあとは、嵐友さん達と待ち合わせをしてランチ
「花咲 萬次郎」というお店に行ってきました。


これは、「麩麺天心」っていうのなんですが、お麩づくし!
美味しかったし、見た目もきれいでとっても満足


その後は、鍵善で「くずきり」をいただきました。
これも、すごく久しぶり。




嵐友さん達ともいろいろたっぷりお話できたし。お付き合い下さった皆様、ありがとうございました( ´ ▽ ` )
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2178-610b28fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。