上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日も面白くって、あっという間の1時間!

今日もいろいろこの先の展開を、あーだこーだ考えるのがとっても楽しい。
(そして、今回のドラマ、次の展開をいろいろに予想してみるけれど、その想像の先をいくことが毎回で、スタッフすごいなぁって思っています)

吉本荒野 実は、田子雄大だったわけですが、

あの慎一の話は、実際はどうだったのか。

仮説1 あの教頭先生、証言をした先生達すべて含め、雄大の壮大な仕込み

仮説2 あの教頭先生、先生達自身は素で発言しているけれど、そもそも本物の吉本が表面は人格者にみせかけて、裏で雄大を先生達の中で孤立させたりというような役回りを演じていたとか。(ようは、吉本が雄大をいじめていたという そして生徒に対してもいじめとは呼ばないのかもしれないけれど、ほかの先生の目につきにくいところで切り捨てるようなことしていたとか)
要は、本物吉本自身が、慎一的存在が先生になった姿的な?


そして、階段から突き落としたのは誰か

雄大ではないと思うんですよね。
私的にはあの自殺しちゃった子が、わざとというよりもみあっているうちに落とすような形になって、彼を守るために雄大が事実を隠蔽したけれど、でも色々な意味で守りきれなかった彼が最後自殺しちゃったとか。

いじめてるのも、あれはさすがに雄大ではないと思う。先生はさすがに直接は手をくださないだろうし、本物吉本が生徒を使ってやらせているとか(それは飛躍しすぎか)

そして、ここに来てまた浮上するマキは吉本(雄大)のぐるなのか、どうなのか。
先週はやっぱり違うのかなと思ったけれど、今日の終わり方をみて、やっぱりぐるなのかなぁって思ったり。
そうじゃないと、やっぱりつじつまがあわないことがいろいろでてくる。
お父さんに近づいた意味も不明だしね。


そして、茂之と吉本せんせの関係性には今回もほっこり、ちょっとジーン。
最初の茂之目線のナレといい、家族会議場面での先生を信じる発言といい、騙されていたとしてもいいそれで変われたんだからと思えるようになった茂之は、もう大丈夫なのかなぁと・
だから、ゲーセン場面で今までいじめていた子たちが仲間にくるところも、これは吉本の仕込みではないだろうなって思っています。
だって、最終的には自分自身の弱さを克服して入試にも成功させることが目的だと思うから、そう言う意味では茂之はどん底から這い上がってきたのだものね。これ以上落とす必要はないと思うもの。

サウナとか、慎一とのおっかけっこシーンとかは、作り込んでいるカラダに思わずみとれちゃうけど、コミカルな場面を合わせ技にしてるところがいいなぁって毎度思います。


この先も楽しみ。
いよいよ追い込まれている神木くんと、どういうキャラで登場するのかが楽しみな忍成くんにも期待大!



関連記事
スポンサーサイト
2013.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2179-64019f98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。