上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「天地明察」上下巻、

もうかなり前に読み終わっていたんですけれど、
いろいろ仕事が忙しかったり、ブログが書けると思ったら、まず書きたいことがいろいろあったりして、なんかすごく後回しになってしまっていた。


●「天地明察」冲方丁 角川文庫

天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る


天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る


映画を昨秋見たのがきっかけで、よみはじめたんだけど、途中ほっぽっといたりした時期が長くて、とりあえずよみおえあとでたけどなんか自分の中では完全に間延びしている(笑)

面白くなかったわけではなく、なんか読めないタイミングが続いたらそのままほっておいた的な?
映画見てるから、一応話はわかっちゃってるし。

でも、映画以上に、大和暦を採用させるためにいろいろな積み重ね、苦労、根回しなどなどがあったんだなぁって思いました。
そして、ちょっと私的には江戸時代って静かなブームなので、
なんか保科正之とか水戸光圀とか、当時のいろいろな時代状況が知れるのは面白かった。


とちょこっと感想を書いて終わり。

今、ブログで書きたいことはいろいろたまってるんですがなかなか先にすすまない。
ちょっとづつ進もうかなって思います。


関連記事
スポンサーサイト
2013.06.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2185-70a96922

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。