上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
仕事の後、上野に母の作品が入選して展示されているのを見に行ったついでに、ちょっと足を伸ばして両国の江戸東京博物館でやっている「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」を見に行ってきました。




最近、日本画、それも江戸時代のものがわたし的には一番の関心の的なので。
若冲も見れそうなので、期待も込めて。

●「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」 江戸東京博物館 2013.5.21~2013.7.15

今回の展覧会、コレクションの中から、琳派、文人画、円山四条派、奇想派といった独自路線を歩むグループ、そして浮世絵といった流れを概観できる構成になっていました。

お目当ての若冲については、菊図の3つのセット、そして松図がみれたことは収穫だった。
墨だけで書かれたものだけど、どれも斬新で型にはまらない感がよかった。


そして、江戸という時代できって各方面への流れが概観できる中で、琳派のもの中でも酒井抱一の作品に興味がもてたことは収穫だったなぁ。

酒井抱一は、「柿に目白図」「十二ヶ月花鳥図」とかが良かった。
あまり専門的なことはわからない私だけど、構図が斬新だったりするし、何よりも温かみがあって、ユーモアを感じさせるところがいいなぁって思いました。
ちょっと、注意していて作品を色々見たいなぁって思いました。



調子に乗り継いでに、「すぐわかる日本の絵画」って本を買ってきちゃった(笑)
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2208-9a8ecd6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。