上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「何か映画がみたい」そういう気持ちが自分の中で盛り上がって、「タイピスト」に行ってきました。

●「タイピスト」
監督 レジス・ロワンサル
出演 ロマン・デュリス デボラ・フランソワ

公式HP

このところ、単館系の映画も見ていなかったから予告をみていたわけでなく、行こうと思っていた映画館(会員になってるから、土日でも割引になる)で何か面白そうなのないかなって探していて、ぴあの満足度も結構高くて、映画らしい映画をみたいっていう気分にもマッチしてそうだったから行ったのですが・・・・・

期待にマッチして、大満足でした。

狭い場所から、広い世界へ羽ばたきたいと思う田舎娘と、ちょっと自分の気持ちを扱うのに不器用な年上の男の人とのラブストーリー、そこにタイピング世界一をめざして頑張る話が絡んでいて。
展開としては割合ベタな話ではあるんですが、
フランス映画らしくとってもオシャレで、
主人公のローズが、負けず嫌いで自分でちゃんと生きていこうとしていて、変に卑屈なところもなくて、そのキャラクターがとても魅力的で。
思わずクスッと笑いながら、満たされた気持ちがジワーっとひろがっていくようなそんな映画でした。

時代が1950年代っていうのもよかったなぁ。
なんか、完全にフィクションの世界にはまれる感じでよかった。

しかし、ホントにおしゃれだし、なんか全体に映画大好き感がただよう映画だったなぁ←伝わりづらいね(苦笑)
フランス映画の佳作っていう感じ

関連記事
スポンサーサイト
2013.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2252-d274510b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。