ニューアルバム「LOVE」先週火曜日にフラゲして毎日ハードリピ状態です。

ということで、らぶばむについて。

通しで聞いた時点でまず感じたことは、それぞれの曲はもちろん良いけれど、この並び順で通しで聴くのがいいなぁということ。
LOVEをテーマにしていて、今までにないくらいコンセプトアルバムって思ったけれど(実際にいろいろなタイプのらぶを歌っているわけではありますが)
歌詞云々もあるんだけれど、曲の流れ、音の流れにストーリーが感じられる気がして、いいなぁって思っています。

最初の「愛を歌おう」でちょっと壮大な感じで入って、終わりが「Tears」でしっとりと締める。
最近こういう曲調から入るってなかったからちょっと新鮮だし、そしてPARADOXやStarlight kiss、シングル曲等の踊れるかっこいい曲の間に入る、CONFUSION、Rock Tonight、FUNNKYといった楽しいアガル感じの曲も今回はちょっと大人な感じのテイストがあってソロのバリエーションのバラけ方と合わさってすごく起伏があって気持ちよく一気に聞ける感じがする。
あと、嵐さんアルバムでそう思うことは結構多いけれど、シングルがアルバムの中になじんでちゃんとアルバム曲になっているのがすごいなぁって思う。


そして、何より嬉しいのは、このアルバムにあるラップがすごく多彩に作られていること。
まず「愛を歌おう」こういう感じの曲調の中で(ちょっと、TimeとかOneの頃を彷彿とさせる感じ)、しっかりラップがあるのってなんかとっても久しぶりな気がして。ラップ詞も含め、すごく前向きな気持ちと寄り添ってくれる感がつたわってきて好きです。

「sugar&salt」これ、なんかこういう感じの歌い方というか、ラップのボリュームが多くて、曲全体がメインがラップで構成されている感じが、翔ちゃんの未発表のソロ(ペンのさす方向とか・・・)を思い出した。
(まぁ、ひっぷほっぷぶきも基本ラップのみで構成されている感じなんだけどね、歌い方がよりそっちを思い出した)こういう感じも大好きです。

PARADOXやすたーらいときすは、割合最近のシングルやアルバムにあったような感じ。でも、最近すごく短い時も結構あったから、しっかりラップが入ってる感じがする。

ソロについては、いつも相葉ちゃんヒット率の高い私ですが、今回は断然翔ちゃんのがイチ押し。
(こういうソロ待っていたよ!!)
ニノの母に捧げる曲もいいけれど、まず最初に聞いたときの印象は、ニノって音数多くするのが好きだなぁっていうこと。(これ、畳み掛けるように音の密度が高いよね)今回はピアノジャックさんではないけれど、さらに言えばピアノでなくてマンドリン使用だけどちょっと1922*4##11を思い出した。
ソロはどれもみなどんな演出でくるかも楽しみですね。


もっといろいろ書きたかったけれど、聞き込んでいくうちにどんどん感じることも変わってくるので、その時その時書き留めていかないとダメだなぁなんてちょっと反省してます。

パラドックスは、Mステもちろんよかったけれど、今回DVDもしっかり踊ってるところがみれてかなりよかったかも。

ファンキーは頑張って練習してます!









関連記事
スポンサーサイト
2013.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/2266-dde47b19